データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





勝率6割超え“都市対抗に強い”三菱重工広島がJABA京都大会V。指揮官は元カープ代打の切り札【横尾弘一のプロにつながる社会人野球】

4月27日から、わかさスタジアム京都ほかで第67回JABA京都大会が開催され、三菱重工広島が初優勝を果たした。

2016/05/11

text By

photo

グランドスラム

タグ: , , , , ,



強豪ひしめくブロックで勝ち上がった三菱重工神戸・高砂

 4月27日から、わかさスタジアム京都ほかで開催された第67回JABA京都大会は、雨天で1日順延したものの5月2日に決勝が行われた。ともに日本一を勝ち取った歴史を持ち、絶対的エースを擁する三菱重工広島と三菱重工神戸・高砂の対戦は延長12回タイブレークの熱戦となり、サヨナラ勝ちで三菱重工広島が初優勝を果たした。都市対抗予選の試金石となる大会で、成果を上げた“兄弟チーム”の戦いぶりを振り返っておこう。

 三菱重工神戸・高砂は、リーグ戦でJR東日本、トヨタ自動車、NTT西日本と強豪ひしめくブロックに入る。まずは、トヨタ自動車を相手にエースの守安玲緒が先発。3-3で迎えた8回表に集中打で4点を奪うと、守安が8回まで力投し、最終回はプロ経験者の若竹竜士が抑えて白星を手にする。NTT西日本との第2戦は、好調の打線が機能して3回までに4点をリード。中盤以降は点の取り合いとなったが、先発の中山勇也から5投手のリレーで8-6と逃げ切る。翌日にJR東日本が2敗目を喫した時点で、ブロック1位が決定。消化試合となったJR東日本との第3戦は0-9で完敗したが、それがかえってチームの雰囲気を引き締めたという印象を受けた。

スポンサードリンク

1 2 3