データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





済美が投打に圧倒し津田学園に快勝 亀岡2発で今大会3号【全国高校野球】

2017/08/14

text By

タグ: , , , ,



◯済美 7-1 津田学園●
 
 第99回全国高校野球選手権大会の第7日(14日、甲子園球場)の第4試合は、済美(愛媛)が終盤の猛攻で津田学園(三重)を7-1で下し、3回戦へ進出した。
 
 初回に無安打で1点を失った津田学園の水谷。しかし、その後は済美の八塚とともに快投を続ける。
 
 試合は4回裏に済美の亀岡が2試合連続となるソロ本塁打を放ち、2点目を加えるが、済美打線を5回までに3安打に抑える好投を披露する。
 
 一方の八塚は3回に内野安打を打たれるが、6回までわずか1安打の完璧な投球。6回にも四球と犠打で1死二塁とピンチを背負うも、後続を打ち取り、無失点を続ける。
 
 津田学園は、7回表に1年生の藤井が中堅に大きな当たりを飛ばすが、この当たりを中堅手の渡辺が後ろ向きでジャンプしながらのスーパーキャッチ。今大会一番の好プレーでチームを救う。
 
 すると、7回裏に済美は四球と安打で2死一三塁とチャンスを作り、渡辺が右翼線へ引っ張って適時二塁打。さらに、続く宇都宮の打球が左中間を破る2点適時打、そして、4回に本塁打を打っていた亀岡が高めの球をバックスクリーンへ運び、今大会3号2ラン。好投を続けていた水谷をノックアウトする。
 
 済美は8回から好投を続けていた八塚から栗田にスイッチ。栗田は津田学園打線に1点を返されるも、済美が7-1で快勝した。
 
 勝った済美は4年ぶりの3回戦進出。初出場の津田学園はここで姿を消すこととなった。

スポンサードリンク