データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





花咲徳栄が同校初の準決勝進出!盛岡大付を大量10得点で下す【全国高校野球】

2017/08/20

text By

タグ: , , , ,



〇花咲徳栄 10-1 盛岡大付●
 
 第99回全国高校野球選手権大会の第12日(20日・甲子園球場)の第4試合は、花咲徳栄が盛岡大付を10-1で下した。春の選抜高校野球大会では浦和学院が2013年に優勝を果たしているが、夏の大会では、埼玉県勢のベスト4は1993年の春日部共栄以来24年ぶりとなり、花咲徳栄のベスト4は同校史上初となった。
 
 2回表、花咲徳栄は野村のソロ本塁打で1点を先制。しかし、その直後の2回裏に先発・綱脇が籔内に適時二塁打を浴び同点に追いつかれる。
 
 試合を振り出しに戻された花咲徳栄だったが、3回以降に打線が小刻みに得点を奪った。
 
 3回、花咲徳栄は先頭の綱脇が左前安打・岩瀬の犠打・太刀岡の二ゴロで二死3塁のチャンスを作ると、千丸が遊撃手・比嘉の悪送球で出塁。その間に1点が入り勝ち越しに成功。4回には、先頭の須永の二塁打・高井の犠打で一死3塁のチャンスを作ると、小川の二ゴロ間に1点を追加した。
 
 そして、5回には一死から太刀岡・千丸の連打・野村の四球で満塁のチャンスを作ると、須永の押し出し死球・高井・小川の適時打で4点を加えた。そして、9回には千丸の二塁打・平松の暴投・西川の犠飛で1点を追加。その後も野村が四球で出塁すると、須永の適時二塁打・高井の適時三塁打でこの回3点を奪い、10点目を追加した。
 
 投げては、先発の綱脇が8回を120球で1失点に抑える好投を見せ、9回は2番手・清水が1安打を浴びながらも無失点に抑え試合を締めた。

スポンサードリンク