データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【MLB】背水の陣の前田健太。絶不調を脱するために必要なこととは?【小宮山悟の眼】

今季ここまで1勝2敗、防御率8.05と苦しいピッチングが続いているロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手。16勝を挙げ新人王候補にも名を連ねた1年目から一転、なぜ2年目はここまで成績が落ち込んでしまったのか。長いイニングを投げた上で好成績を残すため、何が必要になるのかを小宮山悟氏が語る。

2017/04/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



「先を見る」ことから生じる集中力の欠如

 メジャー2年目になる前田健太(ロサンゼルス・ドジャース)が今季、苦しんでいる。16勝を挙げた昨季とは異なり、4試合を1勝2敗、防御率は8.05。6回以上を投げたことがなく、先発の役目を果たすことができていない。今年の彼に何が起きているのか。今回は前田健太について話したい。
 
 今のところの成績を見ても、今季の前田は厳しいと言わざるを得ない。全体的にボールが高いのが気になるところだ。長いイニングを投げたいという気持ちが強すぎるからそうなっているのだと思う。シーズンへの入り方を失敗したのが原因ではないか。
  
誰でも次のシーズンには進化したいと思うものだ。前田の場合、去年の経験を踏まえて、今年はどうすればいいかを考えた結果、長いイニングを投げたいと思ったのだろう。その結果がいまは5回くらいで降板している。
 
 もちろん、ナショナルリーグは投手が打席に立つため、打順が回ってくるから、その兼ね合いでやむを得ない部分もある。しかし、ピッチングの内容が良ければ、打席に立てさせるだろう。その中で代打を送られるということは、代打を送ろうと思わせてしまうようなピッチングを続けてしまっていることが問題なのだ。
 
 首脳陣が何を根拠に代打を送る、送らないのかを決めるのか。それは、ベンチから見ていて、怖さを感じるからで、その原因は、抜ける球が多すぎることにある。そして、ボールが抜ける原因は、しっかりとボールコントロールができていないからとなる。
 
 さらに、ボールをコントロールできていないことの理由は集中力の欠如から来ている。なぜ、集中力が欠如するかというと、目の前を見ていないで、先を見てピッチングをしているからだ。前田の不調の原因はすべてそこに繋がっている。
 
 極論から言えば、前田は昨季175イニングしか投げられなかった。その投手が200イニングを投げようと思ったら、1試合に1イニング多く投げないといけない。いままでは5回だった試合では6回を投げられるように、6回を投げていた試合は7回を投げるようにしたいという風に広げて考えると、余力を残したいと思うのが当然なわけだ。
 
 そうなると、初回にいい立ち上がりをしたら、2イニング目以降にちょっと加減をして、6回、7回を投げられるようなペース配分をしようとする。そこを突かれて、いまは相手打線に捉えられているのだ。

スポンサードリンク

1 2