データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【MLB】田中、自己ワーストの8失点で2回途中KO 4被弾でファンから大ブーイング

2017/05/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , ,



 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が、14日(日本時間15日)の本拠地でのヒューストン・アストロズ戦に先発登板。1回2/3を7安打、4本塁打で8失点を喫し降板した。
 
 この日は2014年限りで現役を引退したデレク・ジーター氏の背番号「2」を永久欠番へと制定する記念式典が試合前に行われ、また、ダブルヘッダーの2戦目となった一戦。チケットは高額となり、ニューヨークのファンは楽しみに待ち望んでいた試合だった。
 
 田中は、初回に先頭打者のスプリンガーにバックスクリーンへ先頭打者本塁打を浴びると、2番・レディックにも右翼スタンドへ連続本塁打を浴びる。さらにこの回連打と死球で2死満塁とすると、8番・ブレグマンに左翼スタンドへ満塁本塁打を放たれ、この回6失点を喫してしまう。
 
 2回にもスプリンガーに2打席連続本塁打を放たれると、球にキレが戻らずに四球から二塁打を浴びさらに失点。2回途中でノックアウトとなり、自己最悪の8失点を喫した。
 
 この不甲斐ない投球にニューヨークのファンも降板する田中に対し大ブーイング。今季初戦のような最悪の投球(3回途中で7失点KO)をしてしまった田中とファンにとって非常に辛い夜となってしまった。

スポンサードリンク