データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【MLB】ヤンキース・田中、4回途中KOで3敗目。2戦連続KOで今季防御率は6.56

2017/05/21

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は、20日(日本時間21日)に敵地で行われたタンパベイ・レイズ戦に先発登板。
 
 前回登板ではデレク・ジーター氏の記念式典の直後に2回途中8失点という内容で地元ファンから大ブーイングを浴びていた田中。しかし、今日も初回から小刻みに失点を重ねてしまい、雪辱を果たすことは出来なかった。
 
 田中は初回、ディッカーソンに先頭打者本塁打を浴び1失点。2回表にジャッジの本塁打で同点に追いついてもらったが、その直後に9番・スークレに適時二塁打を浴び勝ち越しを許す。そして、3回にはロンゴリアにソロ本塁打を被弾し、3失点目を喫した。
 
 4回表には再び味方の援護があり、3-3と試合を振り出しに戻してもらったが、その直後の4回裏にディッカーソンにこの日2本目となる3点本塁打を浴び3点のリードを許してしまった。そして、後続のキーアマイヤー、ロンゴリアに連打を浴びピンチを作ったところで降板となった。
 
 田中は3回を76球で9安打、4奪三振、3四球、6失点と2戦連続で先発投手の役割を果たせなかった。
 
 田中の降板後、ヤンキース打線は粘りを見せ5回と6回に1点ずつを加えるも、田中の6失点、2番手・レインの3失点が響き9-5で敗戦。チームも3連敗となった。

スポンサードリンク