データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【MLB】エンゼルス・プホルス、MLB史上9人目の600号に王手。通算安打はベーブ・ルースに並ぶ

2017/06/01

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスのアルバート・プホルス内野手(37)は30日(日本時間31日)に本拠地で行われたアトランタ・ブレーブス戦に3番・DHとして先発出場。
 
 プホルスは第1打席で安打を放つと、第2打席では今季第8号となる3点本塁打を放ち、この日4打数2安打3打点の活躍でチームの勝利に貢献した。
 
 また、この日の活躍でプホルスはメジャー通算2873安打で歴代44位のベーブ・ルース氏の記録に並び、通算599号とMLB史上9人目の600本塁打に王手をかけた。
 
 MLB公式サイトでは偉業を前にプホルスの特集を掲載。記事では、大記録を目前にしたプホルスのコメントを以下のように紹介している。
 
「シーズン中だし、自分の記録のことを考えるのは難しい。記録は知っているし、偉大な先人の記録も尊敬しているけど、記録はあくまであくまで一つの娯楽のようなものと考えているし、その話を試合に持ち込みたくない。確かに記録は記録だけれども、あくまで私の目標はワールドシリーズ制覇であって、チームのために出来ることは何でもしようと思っている」
 
 年間MVPを通算3度受賞など、2000年代屈指の強打者として名を馳せたプホルス。エンゼルス移籍後は打率こそ低下したものの、36歳とベテランの域に達した昨季も31本塁打と長打力は健在。今季もマイク・トラウト外野手と共にチームの中軸を担い続けているが、トラウトは故障で離脱してしまった。そのため、今季プホルスにかかる期待はより大きくなってきている。
 
 記録よりもチームの勝利、ワールドシリーズ制覇を目標に打棒を振るうプホルス。カージナルス時代の2011年以来となる自身3度目のワールドシリーズ制覇に向け、今後も活躍が期待される。

スポンサードリンク