データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【MLB】イチロー、自身の“美学”を語る「後悔しないための準備」「成功という概念は好きじゃない」

2017/07/08

text By

photo

Getty Images

タグ: , ,



 サムスン電子は6日にマイアミ・マーリンズのイチロー外野手を取り上げたVR(バーチャルリアリティ)動画を公開。「準備の美学」というタイトルのおよそ5分のVR動画は、イチローの試合に向き合う姿勢や自身の美学などが本人の口から語られる貴重な映像となっている。
 
 360度見渡せる動画は、マーリンズのクラブハウスの中から始まる。イチローが日本語で「自分の中でもう少しだけ頑張ること、それを重ねていくことはすごく大事」などと頑張ることの大切さを説明。舞台はイチローの室内練習場で打撃練習の場面に移り、イチローの通訳のアラン・ターナー氏がイチローについて語り出す。
 
 「スプリングトレーニングの最初の日からシーズンが終わるまでオフは1日もありません。すべてのオフの日にも球場に来て、投げて、打って、走る。なので、私にとって球場に来ることは日課なのです」
 
 そして、イチローは準備をすることについての自分の美学を説明する。
 
 「準備をするっていうのはその日1日が終わったときに後悔しない。言い訳の材料を作らない。1日が終わった時に『ああ、今日はあれをやらなかったな。これをやっておけばよかったな』とかそういうことを思いたくないので、後悔しないためのものであると言えると思います」
 
 続けて、ターナー氏は、イチローの素顔について、「人々が最も驚くことは、彼がどれだけ面白くて、どれだけ社交的であるかということです。フィールドの上では見ることができないので、ファンも知らないでしょう。彼はプロフェッショナルなので、フィールド上で感情を表に出さない。彼は一緒にいて本当に楽しい存在です」と明かす。
 
 さらにイチローは“成功”という言葉についての考えも語っている。
 
 「僕は成功したかどうかはわかりません。これは人が決めることなので、人が成功といえば成功となるし、僕が成功したと言っても人がそう言わなかったらそうはならない。僕はそもそも成功という概念が好きではないのですね」
 
 さらに、動画では、イチローが「最も情熱を捧げられる」野球に対する想いを熱く語り、約5分の動画は終了。イチローの素顔を知ることができる貴重な映像となった。後悔をしないために毎日の準備を欠かさない生き方を貫くイチローを知ることは、多くの日本人にとっても自分の生き方を見直す機会となるかもしれない。

スポンサードリンク