データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【MLB】マエケン、6回を1安打7奪三振1失点の快投!12勝目の権利持って降板

2017/08/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手は、25日(日本時間26日)に本拠地で行われているミルウォーキー・ブリュワーズ戦に先発登板。
 
 この日は「プレイヤーズ・ウィークエンド」と題されたイベントが行われており、前田は「MAEKEN」とニックネームが背中に入れられた特別ユニフォームを着用してマウンドに上がり、好投を見せた。
 
 初回、前田は先頭のテームズを見逃し三振、ウォーカーを捕邪飛、ブラウンを空振り三振と上々の立ち上がりを見せた。2回も先頭のショーを空振り三振に仕留め快調に飛ばしていたが、一死からサンタナに速球を右翼スタンドへ運ばれ、1点の先制点を献上。しかし、その後は持ち直しボートを三直、ブロクストンを右飛に打ち取り、追加点を与えなかった。
 
 3回もバックの守備に盛り立てられ三者凡退。4回には二死からショー、サンタナに連続四球を与えこの試合初となる走者を背負ったが、ボートを三飛に打ち取り無失点。前田は5回も三者凡退に抑え、5回までソロ本塁打1本の1安打ピッチングを見せた。
 
 そして、打線も前田を援護。4回裏にはフォーサイスが左中間スタンドに今季第4号となるソロ本塁打を放ち同点、5回裏にはグランダルの中前適時打で1点、6回裏にはプイグのソロ本塁打で1点と、小刻みに得点を重ねた。
 
 前田は援護を貰った後の6回もテームズをチェンジアップで空振り三振、ウォーカーを二ゴロ、ブラウンを低めの直球で見逃し三振とつけ入る隙を与えなかった。
 
 その後、前田は6回裏の攻撃で代打を送られて降板となった。6回を84球で1安打(1本塁打)・7奪三振・2四球・1失点という内容だった。

スポンサードリンク