データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





スタントンが挑む先人たちの本塁打記録 どこまで迫れるか【編集部フォーカス】

2017/08/31

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , ,



 マイアミ・マーリンズのジャンカルロ・スタントン外野手が打ちまくっている。29日(30日)に敵地で行われたワシントン・ナショナルズ戦でも本塁打を放ち、8月は月間18本塁打と量産。今季の本塁打数を51本として、MLB歴代33位タイとした。ナ・リーグの選手として50本塁打を放ったのは2007年のプリンス・フィルダー内野手以来10年ぶりの快挙だが、史上9度目の60号も射程圏内へと入っている。今日は、スタントンが挑む先人のシーズン本塁打記録トップ10を紹介する。

10位:58本塁打=ライアン・ハワードら4人

 

 
 58本塁打を放っているのは4人。ジミー・フォックス(1932)、ハンク・グリーンバーグ(1938)、マーク・マグワイア(1997)、ライアン・ハワード(2006)だ。フォックスとグリーンバーグは両者殿堂入りの伝説的な打者だ。マグワイアはこの年リーグをまたいでの記録なので本塁打王とは認定されなかった。ハワードはこの年のシーズン終了後に日米野球で来日。怪物的なパワーで日本人の度肝を抜いた。

スポンサードリンク

1 2 3 4 5 6 7 8