データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【MLB】ダルビッシュ、大一番のWS第7戦は味方失策も絡み初回は2失点スタート

2017/11/02

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・ドジャースのダルビッシュ有投手は、1日(日本時間2日)に本拠地で行われたヒューストン・アストロズとのワールドシリーズ第7戦に先発登板したが、立ち上がりは味方失策も絡んで2失点スタートとなった。
 
 勝った方が世界一という大一番で、ドジャースは初回からミスが生じてしまった。
 
 初回、ダルビッシュは先頭のスプリンガーに左翼線ギリギリへ二塁打を浴びいきなりピンチを招く。そして、続くブレグマンの一ゴロをベリンジャーが悪送球。ベースカバーに入ったダルビッシュは捕球できず、ドジャースはいきなり1点を失い、ブレグマンにも2塁へ進まれる。
 
 その後、ブレグマンは気迫溢れるヘッドスライディングで三盗を決め、アルトゥーベの一ゴロで本塁に生還。ダルビッシュは被安打1で2失点を喫してしまった。
 
 走者なしとなってからは、4番・コレアを一ゴロ、5番・グリエルを右飛に打ち取って追加点は許さなかったが、大一番の先発マウンドを任されたダルビッシュは痛い先制点を献上してしまった。

スポンサードリンク