データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【MLB】今季各賞の最終候補者3人が発表 新星・ジャッジはイチロー以来となる新人王&MVP可能性も

2017/11/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



 米国・大リーグ機構は6日(日本時間7日)、BBWAA(全米野球記者協会)の会員による投票で決まる、今季の両リーグのMVP、新人王、サイ・ヤング賞、最優秀監督賞の最終候補者3人を発表した。
 
 今季は52本塁打を放ち、本塁打王のタイトルを獲得したヤンキースの新星、アーロン・ジャッジ外野手が新人王とMVPの2つにノミネートされた。両方で選出となれば、1975年のフレッド・リン、2001年のイチロー以来、史上3人目の快挙となるが、アストロズの”小さな巨人”ことホセ・アルトゥーベ内野手もMVPの有力候補だ。
 
 サイ・ヤング賞ではナショナルズのマックス・シャーザー投手に2年連続受賞への期待が高まっている。
 
 また、最優秀監督賞にはアストロズを球団史上初となる世界一に導いたアストロズのA.J.ヒンチ監督、前念103敗からチームをワイルドカード進出に導いたツインズのモリター監督、就任1年目ながら93敗で地区4位に沈んでいたチームを93勝で地区2位に導いた、元ヤクルト助っ人のロブロ監督などがノミネートされている。
 
【新人王】(11月13日発表)
<ア・リーグ>
アーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)
トレイ・マンシーニ(ボルティモア・オリオールズ)
アンドリュー・ベニンテンディ(ボストン・レッドソックス)
 
<ナ・リーグ>
コーディ・ベリンジャー(ロサンゼルス・ドジャース)
ジョシュ・ベル(ピッツバーグ・パイレーツ)
ポール・デヨング(セントルイス・カージナルス)
 
【最優秀監督賞】(11月14日発表)
<ア・リーグ>
A.J.ヒンチ(ヒューストン・アストロズ)
テリー・フランコーナ(クリーブランド・インディアンス)
ポール・モリター(ミネソタ・ツインズ)
 
<ナ・リーグ>
デーブ・ロバーツ(ロサンゼルス・ドジャース)
トーリ・ロブロ(アリゾナ・ダイヤモンドバックス)
バド・ブラック(コロラド・ロッキーズ)
 
【サイ・ヤング賞】(11月15日発表)
<ア・リーグ>
コーリー・クルーバー(クリーブランド・インディアンス)
クリス・セール(ボストン・レッドソックス)
ルイス・セベリーノ(ニューヨーク・ヤンキース)
 
<ナ・リーグ>
クレイトン・カーショウ(ロサンゼルス・ドジャース)
マックス・シャーザー(ワシントン・ナショナルズ)
スティーブン・ストラスバーグ(ワシントン・ナショナルズ)
 
【MVP】(11月16日発表)
<ア・リーグ>
ホセ・アルトゥーベ(ヒューストン・アストロズ)
アーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)
ホセ・ラミレス(クリーブランド・インディアンス)
 
<ナ・リーグ>
ジャンカルロ・スタントン(マイアミ・マーリンズ)
ジョーイ・ボット(シンシナティ・レッズ)
ポール・ゴールドシュミット(アリゾナ・ダイヤモンドバックス)

スポンサードリンク