データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





キューバに新星登場! 15歳で最速154キロを計測しMLB大注目

2017/11/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , ,



 野球界に新たなスター候補生が現れた。キューバ出身で15歳のオシエル・ロドリゲス投手が日本時間10日、ドミニカ共和国で行われた試合で最速96マイル(約154キロ)を記録。MLBのスカウト陣から大きな注目を集めている。
 
 11月22日に16歳になる右腕のロドリゲスは、来年7月に契約可能となる予定だ。『ベースボール・アメリカ』によると、この日は打者5人に投げ、3三振と2つの内野ゴロに打ち取ったという。
 
 最速は96マイルを2度計測。他にも75〜78マイル(約121キロ〜126キロ)のカーブを披露し、17球のうち13球がストライク、直球を9球とカーブを8球投じたと報じられている。
 
 昨年は国内の15歳以下のリーグで69回を投げ、防御率0.39、127三振、27四球と大活躍。また、シーズン後には日本で行われたU-15ベースボールワールドカップにキューバ代表として出場。キューバ代表の優勝に貢献した。昨年は最速140キロ半ばだったが、この1年で大きく成長した。
 
 野球大国にまた現れた新星。MLBで見ることができる日はまだ先だが、今後の成長にも大注目だ。

スポンサードリンク