データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【5月27日~30日セ・パ第19節展望】パ首位攻防戦、ホークスが圧倒か。ロッテの粘り強さか。好調同士「DeNA対広島」は投手陣がカギ

2016年5月27日~5月30日までの第19節、勝負のポイントはどこにあるか。

2016/05/27

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



<セ・リーグ>

DeNA-広島 横浜

 

 ともに4連勝中と好調を維持している両チームが対決する。今節、楽しみなカードの一つだ。DeNAは初戦の先発に井納を送り込む。前回登板でヤクルトの山田に2発を放り込まれるなど敗戦投手になったが、内容は悪くない。フォーク、スライダーの切れがよく、ストレートが低めにコントロールされている。防御率1.87の今永、エースの山口俊と安定の投手陣を揃えている。1日移動で休みがあったのも救援投手陣にはプラスだ。打線もこの5試合3本塁打10打点の5番・ロペスが好調なのは大きい。ロペスに注意が集まれば、4番の筒香、今季好調の6番・倉本への警戒が緩むはずだ。

 首位攻防を3連勝して勢いにのる広島は打線が好調だ。ダントツのリーグトップ打率を誇り本塁打数53も群を抜いている。打率には3人、出塁率には4人がリーグトップ10に名を連ねる点が強さの秘訣だろう。1番に定着した田中に、菊池と丸に加えて長打の打てるエルドレッドと新井の打率がいいのも得点が量産できる要因だ。課題は投手陣だ。週末はやや分が悪い。初戦先発の黒田は安定しているが、ルーキーの岡田や中村恭などがいかにチャンスを生かしていくか。好調同士の対決、投手陣のデキが勝敗を分けそうだ。

 

巨人―阪神 東京ドーム

 

 ついて貯金がなくなった巨人は阪神を本拠地に迎えて出直しを図る。初戦はエースの菅野がマウンドに上がる。防御率0.61はリーグトップの数字だ。相手投手が同2位の岩貞とあって、緊迫の投手戦となるかもしれない。2戦目今村、3戦目は高木は好不調がはっきりとするが踏ん張りたいところだ。課題は打線だ。チーム打率がDeNAに次いでリーグ最低。得点数は最下位にあえいでいる。2年目の岡本の1軍合流が噂されるが、この5試合で活躍したルーキーの重信のように起爆剤になれるか。

 神宮で連敗した阪神の課題は巨人と真逆だ。投手陣がどれだけ踏ん張れるかだろう。巨人戦にプロ初先発となる岩貞が初戦にどんなピッチングを見せるか。やや疲れが見え始めてきたが、ここを踏ん張りたい。岩崎、メッセンジャーも悪くないだけに、何とか投手陣が我慢したい。打線は若い選手が躍動している。1番を任されている北條が、この4試合で4割強の打率を残している。原口、ルーキーの高山とバットが振れていて、勝負強い福留、ゴメスと破壊力はある。2連敗中といっても、前節は3試合で20点を挙げているのだ。ただ失点も20あるので、先発陣と質の悪い救援陣がいかに踏ん張れるか。

 

中日―ヤクルト ナゴヤドーム

 

 2連敗を喫した中日が本拠地にヤクルトを迎える。初戦先発のバルデスは、今季初登板から3試合好投を続けている。前回は勝利がつかなかったが、9回を零封している。ジョーダン、吉見と先週は勝利を挙げている二人は今節も続けたいところだ。打線は荒木をこの4試合は1番に起用、打線につながりが出てきている。7番を打っている堂上が好調を維持。打線の厚みに一役買っている。この2試合はビシエドの守備のミスから失点につながるケースが続いていたが、打のほうで活躍のある選手だ。深く考える必要はないだろう。

 阪神との打撃戦を制したヤクルトは投手陣がカギを握る。初戦の先発・成瀬はこの2試合、好投を見せている。丹念に低めを突いた変化球主体のピッチングは、復活をにおわせる。2、3戦目の山中、原樹理は前回登板で敗れているが、山中は内容が悪くなかった。原樹理は少し疲れが見えるころだが、ここを踏ん張りたい。打線は前節これまでヤクルト打線の売りのひとつだった「2番・川端」を変えた。好調の大引、坂口を1、2番に置く布陣でこの2試合はうまく形ができた。3番・山田と4番・バレンティンが好調なため、この節でも「5番・川端」が大きなカギを握るかもしれない。打線に申し分はない。いかに、投手陣が踏ん張るか。

【次ページ】<パ・リーグ>

スポンサードリンク

1 2