データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





プロ初完封勝利の阪神・岩貞と菅野の浅からぬ因縁

阪神の岩貞祐太が27日の巨人戦でプロ初完封勝利。大学入学時は無名だった岩貞は、大学日本代表合宿で菅野らと出会ったことでプロを意識するようになった。

2016/05/28

text By

タグ: , , , , , , ,



大学当初の目標はリーグ戦1勝

阪神の岩貞祐太が27日の巨人戦でプロ初完封勝利をあげた。

「初回に点を取ってもらったんで、この1点を守り抜けば、勝てると自分に言い聞かせて投げました。初回は緊張しましたけど、何とか9回まで行けました」

ヒーローインタビューでそう語った岩貞だが、そんな彼のこれまでの道のりを思い返すと、人生とは分からないものだと感慨深い想いにさせられる。

というのも、今日の試合で投げ合った巨人・菅野智之とは浅からぬ因縁があるからだ。

もともと、必由館高から横浜商大へ進んだときの岩貞はプロを目指すようなレベルの選手ではなかった。「周りは有名な選手ばかりで僕は無名だった」と岩貞が大学進学当初の目標に掲げていたのは「リーグ戦1勝」だったという。

それが1年春に救援投手ながら初登板初勝利を挙げると、彼の野球人生は恐ろしいほどに様変わりした。最初の目標が達成されると、1年秋に先発としても勝ち星をあげる。2年春には5勝を挙げて、リーグ最優秀投手賞を受賞。エースとして君臨したのだ。

腕を思い切り振ってキレのいいストレートや変化球を投げ込むことから「能見篤史のようなタイプ」と評判に挙がった。

キレのあるストレートでインコースを突き、変化球を駆使していく。今のスタイルも当時とは変わらないが、「能見さんはどの球種でも腕を振っている。自分も同じタイプだと思う。目指したい」と語っていたことがあった。

スポンサードリンク

1 2