データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





西武、いよいよ動く辻采配。期待の山川も2軍降格…勝負へのシビアな姿勢で上昇なるか【パ第10節展望】

開幕から1カ月が経過したところで、埼玉西武ライオンズの辻発彦監督が動いた。4年目の山川穂高内野手をついに2軍に降格させ、カード頭に新助っ人アレクシス・キャンデラリオ投手を起用する。なかでも今節は、6番以降の打線をどう組み替えてくるのかに注目したい。

2017/05/02

text By

タグ: , , , , , , , , ,



ロッテは粘り強く戦えるか

6位 日本ハム ― 5位 ロッテ 1勝2敗0分 札幌ドーム
 今一つ波に乗れない両チームの対戦だ。こういういい方はあまりよくないが、この3連戦で勝ち越して、弾みをつけたいところだ
 
 ホームの北海道日本ハムファイターズは初戦の先発に、これまで1勝どまりの高梨裕稔が立つ。唯一の1勝は千葉ロッテマリーンズから挙げたものだが、5回1失点で降板し、本来のデキではなかった。カード頭を取っていいスタートを切りたいだけに、役割を果たしたい。2戦目は村田透、3戦目は加藤貴之と予想する。村田は先発に移って3戦目、結果が欲しい所だ。加藤は調子が上向いている。ゲームを作れるはずだ。
 
 打線は、打率4割をキープしている近藤健介が好調だ。西川遥輝の状態も上がり、4月29日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦でサヨナラ打を放った田中賢介もいる。中田翔、ブランドン・レアード、大田泰示ら一発のある打者の復調を待ちたい。岡大海の復帰も近いか。
 
 ロッテは打線に元気がなく、投手陣が踏ん張っての僅差しか勝ちパターンがなく、いかに粘り強く戦うか。
 
 打線は何とか4点を取り、投手陣が3点以内に抑えて勝機を見出したい。初戦先発は西野勇士と発表されている。3戦1勝2敗と結果は出ていないが、しっかりとゲームを作って後に託したい。2戦目のジェイソン・スタンリッジは前回登板で炎上したが、同じことがあってはならない。3戦目は佐々木千隼か。
 
 打線は外国人2人がファームに落ち、純国産打線で挑む。4番の鈴木大地までにどうチャンスを作るか。規定打席に到達している選手がリーグ最少の2人しかいないというから、いかに指揮官が選手を信頼できていないかが伺える。状況をどう打開していくのか。

スポンサードリンク

1 2 3