データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【3日のセ(昼)の試合結果】C中村祐プロ初先発初勝利「すごく楽しかった」、阪神終盤の猛攻で勝利

2017/05/03

text By

タグ: , , ,



○広島 7-4 中日●
 広島の先発はプロ初先発の中村祐。中村は際どいコースにボールを投げ込むが、なかなかストライクが取れず、2回までに2失点を喫する。打線は新井が4回に内角のシュートをうまくさばき同点2ランを放ち、中村を援護。しかし、中日は5回表に1番・京田がプロ初本塁打を放ち、すぐさま勝ち越しに成功する。広島は5回裏にゲレーロの2つの失策で得点すると、さらに丸が適時打を放ち逆転した。6回には會澤の今季第1号が飛び出し吉見をノックアウト。広島がそのまま逃げ切って、中村祐に嬉しいプロ初先発初勝利をプレゼントした。中村は「声援もすごくて、すごく楽しかった」とインタビューで答え、初めてのお立ち台を飾った。
 
○阪神 8-4 ヤクルト●
 初回にヤクルトは押し出しで先制点を獲得する。しかし、阪神先発の岩貞の粘りの投球で得点を重ねられず。一方の阪神打線も、ヤクルト先発の山中の緩急をつけた投球に翻弄され、打線がつながらずに5回まで無得点に抑え込まれる。しかし、阪神は6回に山中の野選などでチャンスを作ると、糸井の内野安打で同点に、さらに鳥谷の中前適時打で勝ち越しに成功した。阪神は8回にはギルメットからチャンスを作ると、野選と代打中谷の2点適時打で4点差とする。しかし、その裏にマテオが満塁のピンチを作ると、なんと押し出し、捕逸、自らの失策で3失点するが、9回表に福留、北條、糸原に適時打が飛び出し、8-4で勝利。ヤクルトは終盤のギルメットと原が誤算だった。

スポンサードリンク