データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





巨人、投打かみ合いDeNAに連勝!初登板初先発のDeNAドラ2ルーキー・水野はプロ初黒星

2017/05/03

text By

タグ: , , , , , , , , , , ,



 3日、読売ジャイアンツ対横浜DeNAベイスターズの一戦が東京ドームで行われ、ジャイアンツが4-1で勝利を収めた。
 
 先制点を奪ったのはDeNAだった。2回、ロペスが大竹からソロ本塁打を放ち、1点を先制しルーキーを援護した。
 
しかし、その裏の攻撃で巨人はプロ初登板のDeNA先発・水野から連打でチャンスを作ると、小林に2点適時打が飛び出し逆転に成功した。そして、巨人は3回にも橋本の適時打で1点を追加し、2点のリードを奪った。
 
 投げては、巨人先発・大竹寛が6回1失点と試合を作った。大竹は7回に倉本・田中浩の連打で無死1・2塁とピンチを招いたところで降板となったが、山口鉄・マシソンの好リリーフでピンチを脱した。
 
 イニング跨ぎとなったマシソンは1回2/3を無失点に抑える好投を見せると、8回には阿部が適時打を放ち、リードを3点とする貴重な追加点を奪った。
 
 そして、9回は守護神・カミネロが登板。カミネロは倉本・乙坂・戸柱の3人をしっかりと三者凡退に抑え、試合を締めた。投打がかみ合った巨人は、連勝を飾り貯金を「3」とした。
 
 DeNAは昨日は濱口、今日は水野とルーキー投手を先発起用して巨人戦に臨んだが、2試合で1点と打線が振るわず連敗となってしまった。

スポンサードリンク