データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【4日のセ試合結果】T藤浪乱れるも3勝目、DB梶谷リーグトップの6号、C新井がシーソーゲームを決めた

2017/05/04

text By

タグ: , , ,



○阪神 7-1 ヤクルト●
 阪神はヤクルト先発の石川から3回、4回に1点ずつ加え、先制をすると、5回には打者一巡の猛攻で石川から5点を奪いノックアウト。リードを大きく広げる。一方の阪神先発の藤浪はコントロールを乱し、大量援護の直後に四球から失点を喫するなど、不安定な投球が続いたが、7回1/3を7四球ながらも1失点に抑え3勝目。ヤクルトは雄平が4安打を放った以外に1安打しか打つことができず、阪神に連敗を喫した。
 
○広島 8-7 中日●
 中日は4回に四球と野選で走者を出すと、ビシエドが犠飛を打ち、無安打で先制をする。さらに不調のゲレーロが2試合連続の3ラン本塁打を放ち、わずか1安打で4点を獲得した。しかし、広島は直後に打者8人の猛攻で防御率トップの又吉からすぐさま4点を奪い取り同点。その後は両軍点の取り合いが続き、8回に中日が勝ち越すが、直後に広島の西川が粘ってからのソロ本塁打で同点とすると、打線がつなぎ代打新井が右越えの勝ち越し打を放ち広島がシーソーゲームを制し中日相手に3連勝とした。
 
○DeNA 5-2 巨人●
 DeNAは2回に宮崎の2ラン本塁打で先制をすると、3回も梶谷のリーグ単独トップとなる6号2ランが飛び出し、巨人先発の宮國からリードを広げる。一方のDeNA先発のウィーランドは、2回に3者連続三振を記録するなど、巨人打線を封じ込める。6回に巨人は坂本の2ランで反撃するが、DeNAの中継ぎ陣に0に抑え込まれ敗戦。DeNAは巨人戦3連敗を回避し、ウィーランドには今季2勝目が記録された。

スポンサードリンク