データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





5月好調の日ハム、浮上のキーマンは西川。2戦目の先発は斎藤佑樹か【パ第12節望】

パシフィック・リーグは9日から第12節に入った。札幌ドームで行われる北海道日本ハムファイターズ対埼玉西武ライオンズ戦は2連戦となっている。

2017/05/09

text By

タグ: , , , , , , , , ,



ロッテのチェンが今季初先発

1位 楽天 ― 6位 ロッテ Koboパーク宮城 4勝0敗0分
 首位と最下位、両極端にあるチーム同士の対決だ。
 
 ホームの東北楽天ゴールデンイーグルスは前週、メンバーを落とす試合を作りながら4勝2敗で乗り切ったのは大きい。今節も梨田昌孝監督の采配が注目される。初戦の先発は辛島航と発表されている。前回登板ではオリックス・バファローズのエース金子千尋と投げ合って敗れたものの、7回3失点と互角に渡り合っている。低めに制球することができれば、問題なく抑えられるはずだ。2戦目はエースの則本昂大がマウンドに上がる。連勝で3戦目につなげたい。3戦目は中5日で釜田佳直か。
 
 打線はこの2戦、ジャフェット・アマダーを先発から外した。初戦の相手先発が左腕であるだけに、どういう選択をするかが注目される。前節、1試合を欠場した茂木栄五郎が攻撃の形を作れれば、カルロス・ペゲーロ、4番に入ると調子がいいゼラス・ウィーラー、島内宏明、岡島豪郎など状態はいい。正捕手・嶋基宏の復帰も打線に与える影響は大きいはずだ。
 
 なかなか連勝ができない千葉ロッテマリーンズだが、どこかで流れを変えないといけない。初戦は今季初めてチェン・グァンユウが先発する。相手打線が左の好打者を揃えているだけに、悪いチョイスではない。初戦に相手打者のバッティングの軸を崩しておきたい。2戦目のジェイソン・スタンリッジは防護率5点台で、もう後がない。3戦目は佐々木千隼か。前回は7回途中6失点で負け投手になったが、ゲームは作れていた。少し無理な登板をさせられただけだ。クレバーなピッチングを続けてほしい。
 
 打線は元気がないとはいえ、チームで格となるはずの清田育宏に今季第1号が出たのは大きい。打線を鼓舞することができる選手だけに、彼の復調がカギだ。打順は日替わりオーダーになるが、チームバッティングを意識するよりも、まずは自身のスイングを心ところから始めたい。

スポンサードリンク

1 2 3