データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【10日のセ・リーグ結果】De平良プロ初勝利、C鈴木2発5打点で連敗ストップに貢献、阪神連勝ストップ

2017/05/10

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



〇巨人9-7阪神●(東京ドーム)
 
 巨人が一発攻勢で阪神の連勝を止めた。
 
 初回、巨人は阿部の2点本塁打で2点を先制。しかし、その直後の2回に大竹が無死2・3塁のピンチを招くと、鳥谷の犠飛と糸原の適時打で2点を失い、同点に追いつかれる。
 
 同点に追いつかれた巨人だったが、3回には坂本の3ランとマギーのソロ本塁打で4点、4回は長野のソロで1点を追加し、阪神先発・岩貞をKOした。そして、5回には坂本が阪神2番手・松田から今日2本目となる本塁打、小林の適時打で2点を追加。5回までに8点を奪った。
 
 巨人先発・大竹は6回途中6失点という内容だったが、打線の大量援護があり今季4勝目を手にした。
 
 敗れた阪神は巨人投手陣から7点を奪い、2点差まで巨人を追い上げたが、序盤の大量失点が大きく響き連勝ストップとなった。
 
〇広島8-7ヤクルト●(神宮球場)
 
 広島がシーソーゲームを制し、連敗を4で止めた。
 
 広島は初回、丸と鈴木の連続適時二塁打、新井の犠飛で3点を先制。そして、3回には鈴木の2点本塁打でヤクルト・山中から5点を奪った。
 
 しかし、5-2で迎えた5回、大瀬良が2四球、安部の野選とミスが続き一死満塁のピンチを招くと、雄平の犠飛、バレンティンの3点本塁打で逆転を許してしまった。
 
 まさかの展開となった広島だったが、今日は打線が粘りを見せた。7回、菊池が安打で出塁すると、鈴木が今日2本目の2点本塁打を放ち逆転。そして、9回には丸がソロ本塁打を放ちリードを2点に広げた。
 
 そして、9回は今村が一死満塁のピンチを作り、田中の悪送球の間に1点差まで迫られた。そして、なおも一打サヨナラのピンチを背負ったが、最後は大引を遊ゴロに抑えなんとか試合を締めた。
 
 ヤクルトは劣勢から追い上げを見せたが、最後はサヨナラのチャンスで一打が出ず、悔しい敗戦となった。
 
〇DeNA3-1中日●(ナゴヤドーム)
 
 中日先発・小笠原、DeNA先発は巨人から移籍してきた平良は共に今季初先発。
 
 試合が動いたのは4回だった。一死から宮崎が二塁打で出塁すると、田中が四球、平良が安打で出塁し二死満塁のチャンスを作ると、9番の倉本が2点適時打を放ち先制点を奪った。そして、5回には筒香に今季3号となるソロ本塁打が飛び出し、1点を追加した。
 
 移籍後初登板となった平良は5回を71球で1失点と試合を作った。その後は5人の継投で中日の反撃を封じ、平良はプロ初勝利を上げた。
 
 中日は打線が5安打1得点と沈黙し、3連勝を飾ることは出来なかった。

スポンサードリンク