データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【5月10日のパ・リーグ結果】E則本2季ぶり完封、H今宮サヨナラ打、F加藤3勝目

2017/05/10

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



〇ソフトバンク3×-2オリックス●(ヤフオクドーム)
 
 ソフトバンク先発・東浜、オリックス先発・松葉で始まった試合は、投手戦の様相を呈した。
 
 東浜は7回途中2失点、松葉も7回2失点とほぼ互角の内容で降板。そして、その後も両軍救援陣が粘りの投球を見せ、試合は延長戦までもつれ込んだが、延長10回に試合が動いた。
 
 延長10回、先頭の好調・上林がオリックス4番手・海田から二塁打を放ち、一打サヨナラのチャンスを作る。続く甲斐は敬遠四球で出塁し、明石が犠打で走者を進め一死2・3塁と絶好機を作る。そして、今宮が5番手・吉田一から中前にサヨナラ安打を放ち、試合を決めた。
 
 ソフトバンクは3連勝を飾り、貯金を8に伸ばした。5月に入ってから7勝1敗と、絶好調を維持している。
 
〇楽天5-0ロッテ●(Koboパーク宮城)
 
 初回、楽天はペゲーロの安打、ウィーラーの死球、銀次の四球で二死満塁のチャンスを作ると、6番に入っているアマダーが満塁本塁打を放ち4点を先制。楽天は2回にも足立の死球、茂木の安打でチャンスを作ると、ペゲーロの二ゴロの間に1点を追加した。
 
 投げては、先発・則本が9回を100球で12奪三振、無失点の快投で2季ぶりの完封勝利を記録。投打がかみ合った楽天は、昨日の試合の雪辱を果たした。
 
 ロッテ先発・スタンリッジは被安打4ながらも3四死球の隙をつかれ7回5失点と試合を作れなかった。打線も則本の前にチャンスすら作れず、完敗となった。
 
〇日本ハム2-1西武●(札幌ドーム)
 
 日本ハムが虎の子の1点を守り抜き、接戦を制した。
 
 1点ビハインドで迎えた初回、日本ハムは西川の安打を皮切りにチャンスを作ると、レアードが適時打を放ち試合を振り出しに戻した。そして、3回にはレアードが2打席連続となる適時打を放ち、1点を勝ち越した。
 
 投げては、好調の先発・加藤が7回途中1失点の好投を見せる。連続無失点記録は17イニングで止まってしまったが、今日も安定した投球でリードを守った。加藤は7回に一死2塁のピンチを招いたところで降板となったが、谷元が木村、宮西が秋山を1人ずつ打ち取りピンチを凌いだ。そして、8回はマーティン、9回は増井が無失点に抑え試合終了。加藤は今季3勝目、増井は5セーブ目を手にした。
 
 西武は投手陣が粘りの投球を見せたが、打線が振るわず連勝とはならなかった。

スポンサードリンク