データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





ソフトバンク、デスパイネ・松田にアベック弾が飛び出すなど投打でオリックスを圧倒し4連勝!

2017/05/11

text By

タグ: , , , , , , , , ,



 11日、福岡ソフトバンクホークス対オリックス・バファローズの一戦がヤフオクドームで行われ、ソフトバンクが7-0で勝利を収め、4連勝を飾った。
 
 ソフトバンク先発はバンデンハーク、オリックス先発・ディクソンで始まった試合は、前半は投手戦の様相を呈していた。
 
 先制点を奪ったのはソフトバンクだった。2回、デスパイネ・中村晃・松田の3連打で無死満塁のチャンスを作ると、上林が右犠飛を放ち、1点を先制した。
 
 そして、6回には内川の四球と中村晃の二塁打、松田の敬遠四球で一死満塁のチャンスを作ると、高谷の打席でオリックス・若月がパスボール。ソフトバンクは相手のミスで2点目を奪った。
 
 そして、7回には打線が爆発しビッグイニングを作った。オリックス3番手・赤間から今宮・柳田の連打でチャンスを作り、内川が適時打、デスパイネが3点本塁打、松田がソロ本塁打を放ち、5点を奪い試合を決めた。
 
 投げては、先発・バンデンハークが6回無失点に抑える好投を見せると、森・岩嵜・石川が1イニングずつをパーフェクトに抑える好リリーフでオリックスに反撃の隙も与えず試合を締めた。
 
 敗れたオリックスは投打に振るわず、3連敗となった。
 
 また、この試合では1番・二塁で先発出場した川崎宗則内野手が、日米通算1500安打を達成した。

スポンサードリンク