データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【14日のパ・リーグ結果】楽天快勝で首位堅守、西武・日ハムが同一カード3連勝

2017/05/14

text By

タグ: , , , , , , ,



〇楽天9-2ソフトバンク●(ヤフオクドーム)
 
 楽天が大量得点でソフトバンクを降し、ゲーム差を再び「2.5」とした。
 
ソフトバンク先発・寺原、楽天先発・岸で始まった試合は、終始楽天が試合の主導権を握った。
 
 先制点を奪ったのは楽天だった。初回、二死から3番・ウィーラーが今季第4号となるソロ本塁打を放ち、1点を先制した。
 
 そして、5回にビッグイニングを作った。島内が二塁打、岡島が安打、嶋が四球を選び無死満塁のチャンスを作ると、茂木がプロ初となる満塁本塁打を放ち4点を追加。その後、銀次も2点本塁打を放ちこの回6点を奪った。
 
 そして、7回にもアマダーと藤田の適時打で2点を加え、ダメ押しの追加点を奪った。
 
投げては、先発・岸が7回1失点の好投を見せ、味方の大量援護にも恵まれ今季無傷の3勝目を手にした。
 
 敗れたソフトバンクは投打に振るわず、連勝は5でストップとなった。
 
〇西武5-1オリックス●(京セラドーム大阪)
 
 投打がかみ合った西武が同一カード3連勝を飾った。
 
 初回、西武は源田の四球と浅村の二塁打で一死2・3塁のチャンスを作ると、中村が適時二塁打、続くメヒアも適時打を放ち3点を先制。その後の5回には源田の適時打で1点、9回にも源田、浅村の連続適時打でダメ押しの2点を奪った。
 
 投げては、先発・ウルフが毎回のように走者を出すも要所を締め6回を91球で2奪三振、1四球で1失点と、持ち味の打たせて取る投球が光った。その後は牧田・シュリッター・増田が1イニングずつを無失点に抑え、ウルフは今季5勝目(1敗)を手にした。
 
 オリックスは先発・山岡が6回4失点と試合を作れず、打線も繋がりを欠き泥沼の6連敗となった。
 
〇日本ハム4-2ロッテ●(東京ドーム)
 
 日本ハムが逆転勝利で同一カード3連勝を飾り、4位・オリックスとのゲーム差を「2.5」とした。
 
 先制点を奪ったのはロッテだった。2回、先頭のダフィーが今季4号となるソロ本塁打を放ち1点を先制すると、根元・パラデスが連打でチャンスを作り、荻野の一ゴロ間に1点を追加した。
 
 しかし、日本ハム打線が反撃を見せた。3回、大野の安打、石井と西川の連続四球で満塁のチャンスを作ると、岡が犠飛、近藤が適時打を放ち、試合を振り出しに戻した。その後、5回にレアードの適時打で1点を勝ち越し、6回には西川の適時打で1点を追加しリードを2点とした。
 
 日本ハムは先発・メンドーサが、5回に清田の頭部付近に死球を与え、危険球退場となったが、救援陣の粘投が光り、2点のリードを守り切った。また、緊急登板となった2番手・エスコバーは降板直後に味方が勝ち越し点を奪ったため、わずか3球で来日初勝利を手にした。
 
 敗れたロッテは先発・唐川が6回4失点と試合を作れなかった。打線も好機で一打が出ず、5連敗となり5位・日本ハムとのゲーム差が「5.5」に広がってしまった。

スポンサードリンク