データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【18日のセ・リーグ結果】Dジョーダン3勝目、S石川6回途中無失点&決勝打、広島大勝

2017/05/18

text By

タグ: , , , , , , ,



〇ヤクルト1-0巨人●(東京ドーム)
 
 ヤクルトが虎の子の1点を守り抜き、巨人に連勝した。
 
 巨人先発・宮國、ヤクルト先発・石川で始まった試合は、両軍得点が入らないロースコアゲームとなった。
 
 試合が動いたのは3回だった。3回表、先頭の中村が二塁打で出塁すると、大引の右邪飛の間に中村が三塁に進塁。そして、石川の三ゴロの間に中村が本塁に生還し、1点を奪った。
 
 ヤクルト・石川は初回から毎回走者を背負ったが、要所を締め6回途中無失点と試合を作った。また、6回の一死2塁のピンチを連続三振で切り抜けた2番手・近藤の好投も光った。3番手以降はルーキ・石山・秋吉がそれぞれ1イニングずつを無失点に抑え、完封リレーで巨人打線の反撃を封じ白星を飾った。石川は今季4勝目、秋吉は今季6セーブ目を上げた。
 
 敗れた巨人は、先発・宮國が7回1失点の好投を見せ、マシソン・カミネロも好救援を見せたが、打線が再三の好機を活かせず連敗となった。
 
〇中日2-1阪神●(甲子園)
 
 中日が投手戦を制し、連敗を3で止めた。
 
 阪神先発・メッセンジャー、中日先発・ジョーダンという助っ人対決は、互角の戦いを繰り広げていたが、8回に試合が動いた。
 
 1-1で迎えた8回表、中日は一死から荒木が二塁打で出塁し、チャンスを作ると、続く平田が適時二塁打を放ち、1点を勝ち越した。中日はその後も2四球で満塁のチャンスを作ったが、工藤・藤井がメッセンジャーの前に連続三振を喫し、追加点は奪えなかった。
 
 先発-・ジョーダンは8回に糸井を打ち取ったところで降板。7回1/3を113球、被安打7、5奪三振、1四球、1失点と前日のバルデスに続く好投を見せた。
 
 ジョーダン降板後は、三ツ間・岩瀬・田島と繋ぎ、リードを守り切った。
 
 敗れた阪神は、先発・メッセンジャーが8回2失点と好投したが、打線に好機で一打が出ず、連勝は4で止まった。
 
〇広島9-2DeNA●(マツダスタジアム)
 
 投打のかみ合った広島が勝利を収め、首位・阪神とのゲーム差を1.5とした。
 
 広島先発・中村祐、DeNA先発・平良で始まった試合は、序盤から動きを見せた。
 
先制点を奪ったのはDeNAだった。1回表、先頭の桑原が四球、続く梶谷が安打で出塁しチャンスを作ると、ロペスの三ゴロ間、戸柱の適時打で2点を先制した。
 
 しかし、広島打線が平良の立ち上がりを攻め、大量得点で逆転に成功した。1回裏、一死から菊池が安打、丸が四球で出塁しチャンスを作ると、鈴木・安部に連続適時打が飛び出し逆転に成功。その後も會澤が適時打を放ち、この回4点を奪った。
 
 そして、2回には二死から菊池が倉本の失策で出塁すると、丸が今季7号となる2点本塁打を放ち、6点を奪い平良を早々にKOした。広島は5回にも2番手・尾仲を攻め、エルドレッドの2点本塁打、田中の適時打でこの回3点を奪い、リードを7点に広げた。
 
 投げては、先発・中村祐が初回以降は持ち直し、6回2失点と試合を作った。その後は中田・薮田・ブレイシアと繋ぎ、リードを守り切り白星を掴んだ。
 
 DeNAは投打に振るわず、広島との3連戦は1勝2敗で負け越しとなった。

スポンサードリンク