データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【18日のパ・リーグ結果】ソフトバンク、救援陣の好投光り貯金「10」、ロッテ5年ぶり8連敗

2017/05/18

text By

タグ: , , , , ,



〇ソフトバンク7-2オリックス●(ほっともっとフィールド神戸)
 
 ソフトバンクが終盤に得点を重ね、オリックスに快勝した。
 
 オリックス先発・ディクソン、ソフトバンク先発・攝津は共に6回途中2失点で降板し、互いに勝敗はつかなかった。そして、3番手以降の救援陣で試合の明暗が分かれた。
 
 2-2で迎えた7回表、オリックス3番手・吉田一から内川が今季第7号となるソロ本塁打を放ち、1点を勝ち越した。
 
 そして、ソフトバンクは8回にここまで15登板で防御率0.60と好投を続けてきたドラ2ルーキー・黒木を攻略。8回一死から松田・上林が安打で出塁すると、高谷のセーフティスクイズ、川崎の適時二塁打、今宮の適時打で3点を奪った。また、9回にはデスパイネがオリックスのドラ5ルーキー・小林からソロ本塁打を放ち、リードを5点に広げた。
 
 ソフトバンク救援陣は、6回のピンチを凌いだ五十嵐が0回2/3、森、岩嵜、石川がそれぞれ1回を無失点に抑える好投を見せ、オリックス打線の追撃を許さず、味方のリードを守り切った。
 
 敗れたオリックスは、救援陣が踏ん張れず、連敗で借金2となり、3位・西武、5位・日本ハムとのゲーム差をそれぞれ「3」とした。
 
〇西武5-1ロッテ●(ZOZOマリンスタジアム)
 
 西武が試合を優位に進め、6連勝を飾った。
 
 ロッテ先発・佐々木、西武先発・十亀で始まった試合は、西武が終始試合の主導権を握った。
 
 3回、先頭の中村が四球で出塁し、暴投で2塁に進塁すると、メヒアに適時打が飛び出し、西武は相手のミスにつけ込み先制点を奪った。3回には秋山が四球、源田が安打でチャンスを作ると、浅村に適時打が飛び出し2点を追加。
 
 そして、5回には源田が四球で出塁すると、中村が適時二塁打を放ち、4点目を奪った。そして、9回には炭谷に今季第1号となるソロ本塁打が飛び出し、ダメ押しの1点を奪った。
 
 投げては、先発・十亀が8回を135球で無失点の熱投を見せた。2番手の田村はパラデスに本塁打を浴び1失点を喫したが、何とか3アウトを奪い試合を締め、十亀は今季初勝利を手にした。
 
 敗れたロッテはドラ1ルーキー・佐々木が6回4失点と粘れず、打線もパラデスの本塁打による1点止まりと振るわず、2012年以来となる8連敗となった。

スポンサードリンク