データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





ロッテ、8連敗で奈落の底へ…。泥沼脱出へ不可欠なエース涌井の爆発力【パ展望第15節】

プロ野球は19日から第14節に入る。千葉ロッテマリーンズは今節、涌井秀章投手、二木康太投手、唐川侑己投手の3投手で首位を走る東北楽天ゴールデンイーグルスに挑みそうだが、楽天打線はどんな対策を練ってくるだろうか。

2017/05/19

text By

タグ: , , , , , , , ,



西武菊池はソフトバンク戦初勝利なるか

3位 西武 ― 2位 ソフトバンク メットライフD 2勝4敗
 
 2節連続スイープの埼玉西武ライオンズが2位の福岡ソフトバンクホークスを迎え撃つ。ソフトバンクは前節勝ち越し、簡単にはひき下がるつもりはない。
 
 ホーム・西武の初戦先発はエースの菊池雄星が上がる。現在、防御率がリーグトップで、前回ソフトバンクと対戦した時以来、黒星はついていない。ソフトバンクにはプロ入り後一度も勝っていないが、そろそろ勝利を挙げられる頃だ。本人も意気込んでいるはずだ。2戦目は佐野泰雄、3戦目はブライアン・ウルフが上がる。佐野は連勝を目指し、ウルフは古巣を相手に、ゴロを打たせるピッチングで牛耳りたい。
 
 打線は好調だ。1番秋山翔吾の出塁率が高く、源田壮亮の状態もいい。クリーンアップは6試合連続打点を挙げている浅村栄斗と中村剛也が打点を量産している。下位打線も、炭谷銀仁朗らが粘れるようになってきている。エース・菊池で初戦をとって、ソフトバンクを捉えたい。
 
 ソフトバンクは、リック・バンデンハークの登板を1日にずらして、今節に備えてきている。バンデンハークに初戦を任せ、西武の勢いを止める腹つもりだ。2戦目は中田賢一、3戦目が寺原隼人になるだろう。どちらも、中継ぎの力が必要なタイプだが、完投能力がないわけではない。1イニングでも多く投げたいところだろう。
 
 打線は特別に調子のいい選手がいるわけではないが、1番を除いて打線を固定できている分、打者それぞれに役割分担がはっきりしているのが大きい。3番の柳田悠岐の思い切り、内川聖一の勝負強さ、アルフレド・デスパイネの一発という風だ。下位打線も調子に波があるとはいえ、松田宣浩、上林誠知は打ち出すと止まらない怖さがある。投打でいかに西武を上回れるか。大事な3連戦になるのは間違いない。

スポンサードリンク

1 2 3