データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【20日のパ・リーグ結果】ハム・レアード12号、西武・浅村100号、楽天・田中プロ初アーチが決勝打

2017/05/20

text By

タグ: , , , , ,



○日本ハム 7-3 オリックス●
 2回に日本ハムは小谷野の失策で走者を出すと、石井一の右前適時打と、小谷野の判断ミスで2点を先制する。オリックスはすぐさまT−岡田の3ラン本塁打で逆転に成功するが、3回裏にレアードに完璧な当たりの12号2ランを浴び、再逆転を許す。オリックスは4回表に1死一三塁から若月がセーフティスクイズを仕掛けるが、走者のモレルが挟まれチャンスを活かせず。4回裏に西川の適時打で追加点を入れ5-3とした日本ハムが、7回にも2点を追加し、7-3で勝利した。
 
○西武 7-5 ソフトバンク●
 ソフトバンクは初回にデスパイネの適時打で1点を先制するが、2回裏に西武の木村が変化球を完璧にとらえ、左中間スタンド中段へ2ラン本塁打を放ち逆転。さらに攻撃は止まらずにチャンスを作ると、浅村が左翼スタンドへ完璧な3ランを運び5-2。これが浅村にとっては通算100号となった。3回にも木村が三遊間への適時打と、水口の片足で技ありの右翼線への適時打で7点を追加する。ソフトバンクは柳田6号で牧田に今季初失点をつけるなど、反撃をしたが、及ばず。連勝は3で止まった。
 
○楽天 2-0 ロッテ●
楽天の先発・美馬が好投。美馬は9回を投げきり、3安打、無四球、10三振の快投。しかし、味方も援護点をロッテ先発の二木の前に獲ることができず。楽天は5回に無死一塁から犠打を二木が失策して一二塁とチャンスを作るが、二塁走者が捕手からのけん制でアウト。得点のチャンスを逃した。試合は延長戦に突入し、10回裏にはロッテが2死二三塁と絶好のサヨナラのチャンスを作るが、田村が右飛に打ち取られサヨナラならず。12回表に楽天はこの日プロ入り初スタメンで10回に初安打を放った田中が、プロ初本塁打となる2ランを放ち、土壇場で勝利を飾った。

スポンサードリンク