データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【21日のパ・リーグ結果】L栗山サヨナラ弾、M鈴木逆転弾でカード勝ち越し、日本ハム3連勝

2017/05/21

text By

タグ: , , , , , , ,



〇西武7×-6ソフトバンク●(メットライフドーム)
 
 西武が接戦を制し、2位・ソフトバンクとのゲーム差を「2」に縮めた。
 
 先制点を奪ったのは西武だった。初回、秋山・源田が連打でチャンスを作ると、中村の遊ゴロ間に1点を先制。3回には浅村のソロ本塁打、外崎の2点適時二塁打で3点を加えリードを広げた。
 
 しかし、ソフトバンク打線が反撃を見せた。6回、先頭の上林が安打、甲斐が四球で出塁すると、今宮・内川・松田に適時打が飛び出し、この回一挙5得点で試合をひっくり返した。
 
 まさかの展開となった西武だったが、直後の6回裏には先頭の源田が三塁打で出塁すると、浅村に右犠飛が飛び出し同点に追いつくと、8回には炭谷に値千金のソロ本塁打が飛び出し、1点を勝ち越した。
 
 しかし、9回に登板した増田が松田にソロ本塁打を浴びてしまい、またも試合を振り出しに戻されてしまう。再度同点に追いつかれてしまった西武だったが、最後は栗山が6番手・岩嵜からサヨナラ本塁打を放ち、試合を決めた。
 
敗れたソフトバンクは、打線が追い上げを見せたが、投手陣が振るわずカード負け越しとなった。
 
〇日本ハム4-1オリックス●(札幌ドーム)
 
 投打がかみ合った日本ハムが3連勝を飾った。
 
 日本ハム先発・メンドーサ、オリックス先発・山岡で始まった試合は、日本ハムが小刻みに得点を重ね、試合を優位に進めた。
 
 先制点を奪ったのは日本ハムだった。3回、日本ハムは大野にソロ本塁打が飛び出し1点を先制。そして、5回には中田の適時打で1点を加えた。中田は7回にも2点適時二塁打を放ち、3打点の活躍でメンドーサを援護した。
 
 メンドーサは7回1失点と好投。そして、8回はマーティン、9回は増井がそれぞれ1イニングずつを無失点に抑え、試合を締めた。
 
 敗れたオリックスは投打に振るわず、5連敗となった。
 
〇ロッテ3-2楽天●(ZOZOマリンスタジアム)
 
 ロッテが主将の一打で鮮やかな逆転勝利を飾った。
 
 先制点を奪ったのは楽天だった。楽天は初回、茂木に初球先頭打者本塁打が飛び出し、1点を先制。その後、4回には藤田に適時打が飛び出し1点を追加した。
 
 2点のリードを奪われたロッテだったが、4回に大嶺翔の適時打で1点を返し1点差に迫る。そして、8回には二死から井口が安打で出塁すると、続く主将・鈴木が値千金の2点本塁打を放ち逆転に成功した。
 
投げては、先発・唐川が7回2失点と試合を作り、2番手・大谷も得点を許さなかった。そして、リードを奪った9回は内が無失点に抑え試合を締めた。
 
 敗れた楽天は先発・岸が好投を見せていたが、鈴木の一発に泣きカード負け越しとなった。

スポンサードリンク