データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





ソフトバンク、4本塁打10得点で快勝!柳田・内川は2戦連続アベック弾、川島はプロ初先頭打者弾

2017/05/24

text By

タグ: , , , , , , , ,



 24日、福岡ソフトバンクホークス対千葉ロッテマリーンズの一戦がヤフオクドームで行われ、10-4でソフトバンクが勝利を収めた。
 
 初回、ソフトバンクは1番に起用された川島がロッテ先発・チェンの初球を左翼スタンドに運び、幸先よく1点を先制。また、後続の今宮・柳田が連続で四球を選びチャンスを作ると、中村晃が適時打を放ち更に1点を加えた。
 
 しかしロッテは、3回に攝津を攻め、角中・鈴木・清田・大嶺翔の4連打で3点を奪い逆転に成功。4回には鈴木に適時打が飛び出し、リードを2点に広げた。
 
 ソフトバンク先発・攝津は5回途中4失点で降板となり、今季5試合目でまたも白星を手にすることは出来なかった。
 
 2点ビハインドとなったソフトバンクだったが、6回一死からデスパイネに今季11号となる本塁打が飛び出し1点差。そして、一死1・2塁のチャンスで上林が併殺コースの遊ゴロを放ったが、ここで鈴木が一塁へ悪送球。ソフトバンクは相手のミスで同点に追いついた。
 
 そして、7回には川島・柳田の四球と今宮の安打で満塁のチャンスを作ると、内川に今季第9号となる満塁本塁打が飛び出し、勝ち越しに成功。そして、8回には柳田がダメ押しの2点本塁打を放ち、リードを広げた。内川・柳田は2戦連続でのアベック弾となった。
 
 投げては、救援陣が走者を出しながらも失点を許さない粘りの投球を見せ6回以降を無失点。ロッテ打線の反撃を封じ、味方の大量リードを呼び込んだ。
 
 敗れたロッテは、一時は勝ち越していたが、2番手・有吉がまさかの満塁弾、4番手・阿部もダメ押しの2点弾を浴びてしまうなど、投手陣が振るわず連敗となった。

スポンサードリンク