データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





ソフトバンク、「大谷2世」が待望のプロ初先発か。新助っ人加入のロッテは“チーム確変”に期待【パ展望第17節】

プロ野球は26日から第17節に入る。福岡ソフトバンクホークスの2014年ドラフト1位の松本裕樹投手がプロ初先発の可能性が浮上している。また、ロエル・サントス外野手を獲得した千葉ロッテマリーンズは、新助っ人加入でテコ入れとなるだろうか。

2017/05/26

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



ソフトバンクの14年ドラ1がプロ初先発?

4位 日本ハム ― 2位 ソフトバンク 札幌ドーム 3勝3敗
 
 連敗で勢いが止まった北海道日本ハムファイターズは宿敵・ソフトバンクを相手にホームで負けるわけにはいかない。ソフトバンクはローテ再編をどう形にできるか。
 
 日本ハムの初戦先発は浦野博司と発表されている。初登板から3戦3勝で防御率も0.53と驚異的ですらある。長いイニングを投げられるようになれば、言うことなしだ。
 
 2戦目は有原航平、3戦目はルイス・メンドーサとこれまでの形を踏襲しそうだ。有原は初勝利から3連勝と調子を上げている。上位を相手にどれだけのピッチングができるか。今後のカギになる登板だ。メンドーサは前回、今季一番のピッチングを見せた。今回も続けたい。
 
 打線は主砲・中田翔の状態が上がってきているのが大きい。3番の近藤健介、5番のブランドン・レアードも好調を維持している。1番の西川遥輝の調子がやや気になるところだが、身体のキレは悪くない。課題は勝負所の一本だろう。どこからでも出せるかだ。
 
 ソフトバンクは初戦先発のリック・バンデンハークこそ前回と同じだが、ローテーションを大再編して挑む。バンデンハークは前回登板で、西武・菊池雄星との投げ合いを制した。堂々としたピッチングは故障者が多い台所事情にあって心強い。
 
 2、3戦目は流動的だが、2戦目は3年目の松本裕樹が初先発する可能性がある。松本は高校3年夏、右ひじの痛みを押して甲子園で登板した影響で、プロ入り後のスタートは出遅れた。かつては「大谷2世」と謳われた逸材が“先発デビュー”戦でどんなピッチングをみせるか。3戦はケガで登板を回避していた千賀滉大が復帰の予定だが、確定ではない。
 
 打線はクリーンアップが元気だ。24日の試合で満塁弾を放った内川聖一、アルフレド・デスパイネの存在感は驚異的だ。上林誠知のいる下位打線も気を緩めることができない。明石健志、川崎宗則、川島慶三の二塁手争いはし烈。誰が出てきても怖い存在だ。

スポンサードリンク

1 2 3