データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【26日のセ・リーグ結果】C岡田5勝目、De井納6回まで無安打投球、中日9回二死2点差からサヨナラ

2017/05/26

text By

タグ: , , , , , , ,



〇広島7-2巨人●(東京ドーム)
 投打のかみ合った広島が、3連勝を飾った。
 
 4回、広島はこの回先頭の菊池に今季第3号となるソロ本塁打が飛び出し1点を先制。6回は安部と松山の連続適時打で3点、そして、7回には鈴木が犠飛を放ち5点目を追加。巨人先発・マイコラスをKOした。広島はその後も攻める手を緩めず、8回には菊池の適時内野安打、丸の二ゴロ間に得点を奪い計7点を奪った。
 
 広島先発・岡田は7回1失点の好投を見せ、昨季の4勝を上回る今季5勝目を手にした。
 
 敗れた巨人は、先発・マイコラスが7回途中5失点と試合を作れず、打線も終盤に2点を返すにとどまり連敗となった。
 
〇中日3×-2ヤクルト(ナゴヤドーム)
 
 中日が9回二死の土壇場で3点を奪い、劇的なサヨナラ勝利を飾った。
 
 先制点を奪ったのはヤクルトだった。3回、先頭の谷内が左前安打で出塁すると、原樹理が犠打で送り一死2塁とチャンスを作ると、大引に適時打が飛び出し1点を先制。4回には、6番に起用された荒木が左翼スタンドに今季第3号となるソロ本塁打を放ち、2点目を加えた。
 
 その後、ヤクルトの2点リードで試合は進んだが、9回の土壇場で中日打線が目覚めた。
 
 ヤクルトは、9回に守護神・秋吉を投入。中日は秋吉の前に二死まで追い込まれたが、大島がポテンヒットで出塁、ビシエドが二塁打で続き二死2・3塁と一打同点のチャンスを作ると、ゲレーロが起死回生の2点適時打を放ち同点に追いつく。そして、代走に荒木を投入すると、続く藤井がサヨナラ適時二塁打を放ち、試合を決めた。
 
 中日は先発・小笠原が6回2失点、2番手のドラ1ルーキー・柳が2回無失点、3番手・福谷も1回無失点と好投しており、打線が9回に若手の好投に応えた。
 
 ヤクルトは先発・原樹理が7回を89球で無失点、2番手の石山も1回無失点と好投し試合を優位に進めていたが、守護神・秋吉が勝利目前で連打を浴びてしまい、まさかの4連敗となった。
 
〇DeNA5-2阪神●(甲子園)
 
 阪神先発・藤浪、DeNA先発・井納で始まった試合は、投手戦の様相を呈していたが、試合は6回に動いた。
 
 6回、DeNAは一死から嶺井・田中浩・井納・倉本の4連打で2点を奪い、その後も梶谷が安打を放ち二死満塁と絶好機を作る。そして、続くロペスがレフトにフライを打ち上げると、伊藤隼が打球の目測を誤って捕球できず、走者一掃の適時二塁打となった。
 
 投げては、井納が6回までノーヒットピッチングの快投で7回1失点。その後は砂田・三上・山崎康と繋ぎリードを守り切った。
 
 敗れた阪神は、投打に振るわなかった。

スポンサードリンク