データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





新庄、稲葉、森本…”伝説の日ハム外野トリオ”は何が違ったのか? 稀哲氏が語る最強の外野守備とは

1998年のドラフト4位で、内野手として日本ハムファイターズに入団した森本稀哲氏。だが入団後はかなり早い段階で外野手にコンバートし、新庄剛志氏と稲葉篤紀氏の3人で“鉄壁の外野手”を築き上げ、ゴールデングラブ賞、ベストナインなど数々の賞を総なめにしてきた。現代のプロ野球でもチーム事情によりコンバートする選手は少なくないが、そのタイミングはいつか、また、“鉄壁の外野手”と呼ばれていた時代の思い出話を聞いてみた。

2017/06/28

text By

photo

工藤明日香

タグ: , , , , , , , , ,



“鉄壁の外野”は連係がとにかくすごかった

――日ハム時代には新庄さんらと“鉄壁の外野手”として守備に着かれていらっしゃりましたが、守備で憧れていた選手はいらっしゃりますか?
 
森本:僕もともと内野手で、途中から外野手になったんですけど、新庄さんの守備はうまかったですね。ただ、僕はそこまで肩が強いタイプではなかったので異なる部分の方が多いですが、でもやっぱりポジショニングとかは本当に勉強になりました。
 
――当時森本さんは外野でもレフトからセンターに移られました。外野と言ってもレフトとセンターは違うものですか?
 
森本:やっぱりセンターは花形ですし、全然違います! 糸井選手が出始めた当時、僕はセンターを譲りたくない気持ちが強かったのですが、糸井選手の方が能力が高く、僕はレフトに移った。でも、その後は任された場所を全うしようと思いながらプレーしていましたね。
 
――ゴールデングラブを受賞した時の気持ちを教えてください。
 
森本:僕もそうでしたが、ゴールデングラブは野手の大半が憧れ、目標にしていると思います。だからこそ獲れた瞬間は、最高に嬉しかったですね。
 
――新庄さんと稲葉さんと3人、鉄壁の外野が揃って受賞したこともありましたよね。
 
森本:あー、あれは最高でしたね! 「外野の守備で勝つ!」という意識でやっていたので。自分一人でももちろん嬉しいですけど、3人で獲れたっていうのは、本当に嬉しかった。ほかの2人が獲得したことも、自分のことのように喜んだことを今でも鮮明に覚えています。
 
 僕はお二人についていく形で獲らせていただいたので、言葉では言い表せない気持ちになりました。プレーだけではなく3人で連係して守備をすることに重きを置いていたので、なおさら嬉しかったですね。
 
――ほかのチームの外野守備と3人はここが違う、といった点はありましたか?
 
森本:もう意識も連係も違います。新庄さんが動いたら僕と稲葉さんも一歩、二歩と動いていました。新庄さんが「1球1球俺を見ろ」と言っていたので、投手がボールを投げるたびに動きを変えていました。
 
――それは基本的に新庄さんが指令を出していた?
 
森本:新庄さんがセンターなので、基本的には舵取りをしてくれていましたね。

スポンサードリンク

1 2