データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





“鬼門ソフトバンク”は余計なお世話。西武・菊池は勝利への義務感捨てよ【小宮山悟の眼】

西武の菊池雄星投手が6月23日のソフトバンク戦で黒星を喫した。デビュー以来、通算16試合で勝ち星なしの11連敗。鷹打線を攻略できない理由はどこにあるのか。

2017/06/29

text By

タグ: , , , , , , ,



試合展開は巡り合わせ。菊池の問題だけではない

 西武の菊池雄星が6月23日のソフトバンク戦に先発し、3回途中7失点でKOされた。この試合まで防御率1点台だった菊池が打ち込まれたのは、非常に残念だった。これで菊池はプロに入団してから16戦、ソフトバンクに未勝利だという。世間ではそのことについて騒がれているが、菊池に何が起きているのか。
 
 選手の側からすれば、「ソフトバンクに未勝利」「ソフトバンクが苦手」という風に毎回書かれるのは、本当に迷惑な話だ。「そんなことわかっているよ」、「ほっといてくれよ」というのが正直な気持ちだ。
 
 そもそも試合とは勝つか負けるか。相手打線を抑えても点が取れなきゃ勝てない。勝たないといけないと思って投げて、1点2点を先制される。さらに味方打線が意気消沈という展開になった場合、これ以上は点をやれないと思って投げるものの、結局しびれを切らして追加点を与えて敗れる。そういう試合展開は巡り合わせの部分がある。
 
 実際は菊池が満足したピッチング内容で投げている時もある。菊池側の問題というよりも、ホークス打線が菊池を怖くないと思っているのが一つの要因として挙げられる。ホークスだけに勝てないというのは、そこにも要因がある。

スポンサードリンク

1 2 3