データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





DeNA、FA移籍の山口俊を攻略し4連勝!筒香・ロペスがアベック弾、今永5勝目

2017/07/02

text By

タグ: , , , , , , , , ,



〇DeNA9-1巨人●(東京ドーム)
 
 DeNAが昨オフにFA移籍した巨人・山口俊をKOし、4連勝を飾った。
 
 この日の先発は、DeNAが2年目左腕・今永、巨人がDeNAからFA加入した山口俊。山口は横浜から近い東京ドームでの古巣戦初登板となり、ブーイングに包まれる中での登板となった。
 
 そして、試合は序盤からDeNA打線が山口に襲い掛かる展開となった。
 
 2回、DeNAはロペスのソロ本塁打で1点を先制。その後も宮崎・嶺井が安打を放ちチャンスを作るも、宮崎は2塁で牽制死。しかし、続く今永が安打を放ち再び1・2塁のチャンスを作ると、倉本が適時二塁打を放ち3点目を奪った。
 
 3回には石川が安打で出塁すると、筒香が今季第11号となる2点本塁打を放ち、5点目。そして、4回は倉本の四球・桑原の安打でチャンスを作ると、石川が適時二塁打を放ち、6得点で元同僚・山口をKOした。
 
 その後もDeNAは攻める手を緩めず、6回には筒香が押し出し四球・7回には代打・荒波の適時二塁打、9回は桑原の適時打で1点ずつを加え9点と大量リードを奪った。
 
 投げては、先発・今永が5回1失点と試合を作り、その後は藤岡・田中・平田・小林のリレーでリードを守り切った。打線の援護に恵まれた今永は、今季5勝目を手にした。
 
 敗れた巨人は、先発・山口俊が古巣相手に4回6失点と試合を作れず、打線も振るわなかった。

スポンサードリンク