データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





ヤクルト、9回に再び小川が新井に痛恨の一打許し白星逃す…。延長戦は決め手欠き引き分けに

2017/07/09

text By

タグ: , , , , , , , , ,



ヤクルト3-3広島(神宮球場)
 
 9回までヤクルトがリードを奪っていた試合は、土壇場で広島が同点に追いつく。そして、その後の延長戦は両軍救援陣の粘投もあり得点が入らず、試合は延長12回規定により引き分けに終わった。
 
 この日の先発はヤクルト・由規、広島・大瀬良でプレイボール。序盤から互いに一歩も譲らない力投を見せていたが、5回に試合が動いた。
 
 5回、ヤクルトは一死から藤井と昇格したばかりの廣岡が安打を放ちチャンスを作ると、二死から上田が適時打を放ち1点を先制。その後、上田は二死1・3塁の状況から盗塁を決めてチャンスを広げると、坂口が2点適時打を放ち、大瀬良から3点を奪った。
 
 そして、投げては先発・由規が粘りの投球。走者を出す場面が目立ったが、6回途中を2失点と試合を作った。そして、その後は石山・近藤・ルーキとつなぎ、9回には7日の試合で大炎上を喫した小川が登板。
 
 しかし、小川は今日もリードを守り切れなかった。9回、小川は安部の安打・會澤の犠打で一死2塁と一打同点のピンチを招くと、打席には前回登板で悪夢の3ランを放った代打・新井。新井の打席で安部には三盗を許しピンチを広げると、最後は新井に適時二塁打を浴びてしまい、試合を振り出しに戻されてしまった。
 
 その後、試合は延長戦に突入したが両軍決め手を欠き3イニング無得点。両軍合わせて15投手が登板した総力戦は、延長12回規定により引き分けとなった。

スポンサードリンク