データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





巨人、攻撃的オーダー機能し3連勝!ヤクルトはブキャナン乱調で泥沼の10連敗…

2017/07/12

text By

タグ: , , , , , , , , ,



〇巨人8-3ヤクルト●(東京ドーム)
 
 攻撃的なオーダーを組んだ巨人打線が爆発し、3連勝を飾った。
 
 この日の巨人オーダーは、マギーを2番・二塁、村田が5番・三塁で出塁するなど攻撃を重視したオーダー。そして、7番でスタメン出場の亀井も大当たりと采配が的中した日となった。
 
 この日の先発は今季0勝7敗と苦しんでいる宮國と、ヤクルトの助っ人・ブキャナン。初回にヤクルトが山田の適時打、巨人が長野の先頭打者弾でそれぞれ1点ずつを奪う。
 
 その後、巨人打線がブキャナンを攻略し試合の主導権を握った。
 
 4回、巨人は村田の移籍後100号となる本塁打で1点を勝ち越す。そして、5回には一死から長野が四球、マギーが安打でチャンスを作ると、坂本の適時二塁打で1点を追加。そして、続く阿部の死球・村田の犠飛でさらに1点を加えると、陽も四球を選び再び満塁のチャンスを演出。
 
 ここでヤクルトベンチはブキャナンを諦め、2番手にギルメットを投入したが、亀井が走者一掃の適時二塁打を放ち、この回5点目を追加し、大量リードを奪った。巨人は7回にも小林の二ゴロ間に1点を奪い、計12安打8得点と打線が機能。今季未勝利の宮國を援護した。
 
 先発・宮國は5回を95球1失点で勝利投手の権利を得て降板。2番手・高木は2点を失ったが、その後の森福・西村・カミネロは無失点でリードを守り切り試合終了。宮國は12試合目でようやく今季初勝利を手にした。
 
 敗れたヤクルトは、ブキャナンが乱調で打線も12安打で3得点と拙攻が目立ち、これで泥沼の10連敗。かつて、ヤクルトは1970年に球団ワーストの16連敗を喫した際には、11連敗目で当時の別所毅彦監督が解任されている。
 
 当時の解任劇まで残り「1」となったヤクルトだが、果たしてチームは球宴明けに意地を見せることはできるだろうか。

スポンサードリンク