データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





本塁打競争は柳田が初優勝!広角に特大弾連発で圧倒的なパワー披露

2017/07/14

text By

タグ: , , , , , , ,



 14日、ナゴヤドームで行われるオールスターゲームの試合前にホームランダービーが行われ、ソフトバンク・柳田悠岐選手が初優勝を果たした。
 
 今季のホームランダービーには日本ハム・大谷翔平、中日・ゲレーロ、ソフトバンク・柳田悠岐、DeNA・筒香嘉智といった球界屈指のパワーヒッターが出場した。
 
 1回戦は大谷VSゲレーロ、柳田VS筒香のマッチアップ。1回戦はゲレーロが1-2、柳田が3-2で制して決勝進出。そして、決勝戦には前半戦に両リーグで最多本塁打を記録している2人の対決となった。
 
 決勝戦では先攻のゲレーロが4本塁打を放ったが、その後の柳田は3球を残して4本塁打を記録。柳田の方が得票数が多いことから、同点になった時点で柳田の優勝が確定した。
 
 ゲレーロは投手に巨人のケーシー・マギー選手を指名。ゲレーロはキューバでもオールスター・ホームランダービー出場経験があり、決勝戦では得意の引っ張りの飛球で4本の本塁打を放った。
 
 しかし、柳田もパワーを如何なく発揮。投手にロッテ・鈴木大地選手を指名すると、ライトにレフトに特大弾を連発。3球を残してゲレーロの記録に並び、自身初となるホームランダービー優勝を果たした。

スポンサードリンク