データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





広島・大瀬良が今季負けなしの6連勝!打線も12安打9得点と爆発

2017/07/18

text By

タグ: , , , , , , , , , , ,



〇広島9-5阪神●(甲子園)
 
 広島が大量リードを奪い、阪神を降した。広島先発・大瀬良、阪神先発・岩貞で試合は始まり、序盤から大きく動きを見せた。
 
 2回、広島は一死から松山・エルドレッドの連打と安部の四球で満塁のチャンスを作ると、石原の中堅への飛球が風で押し戻され、中堅手・西岡も懸命に追いかけるも及ばず、記録は安打になり広島は1点を先制した。
 
 大瀬良は空振り三振に倒れたが、続く田中が左翼線に適時二塁打を放ち2点、菊池も三塁手・鳥谷の横を抜ける左翼線二塁打を放ち更に2点を追加。この回一挙5点を奪い大瀬良を援護した。
 
 その後も広島は攻める手を緩めず、3回には松山の適時打で1点を追加し、この回で阪神先発・岩貞をKOした。そして、2番手・岩崎から4回には丸が適時二塁打・松山が犠飛を放ち2点を追加し、リードを8点に広げる。
 
 終盤の7回には、安部の安打・阪神一塁手・ロジャースの後逸・大瀬良の犠打で二死2・3塁のチャンスを作ると、阪神3番手・伊藤和の暴投間にダメ押しの1点を加えた。 

 投げては先発・大瀬良が8回途中3失点と試合を作り降板。大瀬良は8回に制球を乱したが、それ以外は安定した投球を見せた。9回にはジャクソンが2点を失い4点差に迫られたが、二死から守護神・今村が登板し試合を締めた。大瀬良は今季負けなしの6連勝をマークした。
 
 敗れた阪神は先発・岩貞が3回6失点KOと試合を作れず、岩崎・伊藤も失点し広島に試合の主導権を握らせてしまった。打線は終盤に目覚め追い上げを見せるも及ばず、阪神は連勝でゲーム差を縮めることはできなかった。

スポンサードリンク