データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





巨人、ドラ2ルーキー・畠がプロ初勝利!試合終盤にヒヤヒヤ展開もリード守り切る

2017/07/19

text By

タグ: , , , , , , , , ,



 読売ジャイアンツは、19日に敵地・ナゴヤドームで中日ドラゴンズと対戦。8回途中2失点という内容でマウンドを降りたドラ2ルーキー・畠の好投と打線の援護がかみ合い、6-5で中日を降した。
 
 畠は7月6日に地元・広島で先発登板し1軍デビューを果たしたが、4回4失点で勝敗はつかなかった。そして、今回迎えた2試合目で嬉しいプロ初勝利を手にした。
 
 試合は、打線が初回から中日先発・大野を攻略し試合を優位に進めた。初回、巨人は一死から2番・マギーが二塁打、坂本が四球、村田が内野安打で出塁しチャンスを作ると、阿部の左犠飛で1点を先制。そして、続く陽が流し打ちで右翼スタンドに運び、3点を追加し初回に一挙4得点。ルーキーに大きな援護を送った。
 
 巨人はその後の4回にはマギーのソロ本塁打で1点、8回には小林の四球・畠の犠打でチャンスを作ると、マギーが今度は適時二塁打を放ちダメ押しの6点目を追加した。
 
 先発・畠は危なげない投球で快調に中日打線を封じ、初めて得点圏に走者を背負ったのは7回だった。7回の一死1・2塁のピンチでは藤井を空振り三振、福田を遊ゴロに打ち取り得点を許さなかった。しかし、畠は8回に一死を奪った後、代打・谷、京田、荒木に3連打を浴び2点を失ってしまい、ここで降板となった。
 
 畠は7回1/3を91球で7安打、6奪三振、1四球、2失点という内容だった。球数を少なく抑え、完投勝利も見えていただけに、8回は悔やまれるピッチングとなった。
 
 その後、2番手にはマシソンが登板。マシソンは2安打を浴びて一死満塁とピンチを広げてしまったが、ビシエドを左飛、藤井を空振り三振に仕留め大ピンチを無失点で乗り切った。
 
 そして、最後は守護神・カミネロが4点差で登板。カミネロは福田、代打・松井雅、谷、堂上の4連打で3点を失い、続く大島にも安打を浴び一死1・2塁でゲレーロという大ピンチを招いたが、フルカウントからゲレーロを空振り三振に仕留め、スタートを切っていた二塁走者・三ツ俣もアウトにして3アウトを奪い試合終了。味方の援護に恵まれた先発・畠はプロ初勝利を手にした。
 
 敗れた中日は試合後半に追い上げを見せたが、あと1点が遠く惜敗となった。

スポンサードリンク