データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





過酷日程の首位・楽天、若手・古川を抜擢。3連勝SB打線VSロッテ・エース涌井【パ展望第24節】

プロ野球はオールスターを終え、後半戦に突入した。3連勝、3連敗とさまざまな再スタートを切った各球団。首位・東北楽天ゴールデンイーグルスは20日の試合で、サヨナラ負けを喫した。7週連続6連戦の日程で投手起用にも注目が集まるが、今節は6月以来となる古川侑利が登板し、初勝利を狙う。

2017/07/21

text By

タグ: , , , , , , , , ,



3連敗の西武、打線テコ入れで復調へ

3位 西武 ― 5位 日本ハム メットライフドーム 11勝2敗
  
 後半戦開幕3連敗を喫した埼玉西武ライオンズがホームに北海道日本ハムファイターズを迎える。1日空いた西武は、延長戦後の移動ゲームとなる日本ハムとの優位性を生かせるか。
 
 西武の初戦先発は菊池雄星が上がる。チームはオールスターブレイク後、3連敗と苦しいリスタート。菊池はここでエースらしく立ち回り、ゲームを作って勝利を導きたいところだ。2戦目は多和田真三郎、3戦目はウルフと予想する。
 
 打線は前節、メヒアを4番にするなどテコ入れしたが、その間に中村剛也の状態が少し上向いて来た。前節から金子侑司も調子を戻し、外崎修汰の状態は変わらずいい。上手く打線がつながるように、指揮官がどういう手を打つか期待したい。
 
 日本ハムは前節を負け越したが、20日の試合は終盤に追いついて延長戦の末に粘り勝ち。この勢いを持続したいところだろう。投手陣の立て直しがひとまず急務だ。初戦の先発はメンドーサが上がる。前回登板は大谷翔平の後を受ける第2先発だったが、しっかりゲームを作った。2、3戦目は加藤貴之、高梨裕稔あたりか。
 
 打線の状態はどん底ではない。20日の試合でも、1番の西川遥輝から松本剛、中田翔、レアードとバットは振れている。ケガで先発を長く離れている大田泰示の完全復帰もそう遠くないだろう。どうつなげていくかだ。
 
 課題は投手陣にある。大谷は当面、投手に専念させてもいいのかもしれない。

スポンサードリンク

1 2 3