データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





楽天・アマダーが2日連続の大仕事!昨日は3打席連弾、今日はサヨナラ弾と連勝に貢献

2017/07/23

text By

タグ: , , , , , , , , ,



〇楽天3×-2オリックス●(Koboパーク宮城)
 
 東北楽天ゴールデンイーグルスは、23日に本拠地・Koboパーク宮城でオリックス・バファローズと対戦し、終盤の一発攻勢でサヨナラ勝ちを収めた。
 
 楽天先発・釜田、オリックス先発・西で試合はスタート。試合は投手戦の様相を呈していたが、ミスが出た4回に試合が動いた。
 
 4回、釜田は先頭のロメロに遊撃への内野安打を許し、続く中島に四球を与え無死1・2塁のピンチを招くと、T-岡田の放った投ゴロを釜田がまさかの悪送球。併殺コースだったが、まさかのミスで先制点を献上することになった。その後、安達に適時打を浴び釜田は2点目を失ったが、後続は抑えこの回は2失点でとどめた。
 
 釜田は7回2失点で降板となったが、2番手・菅原が1安打を浴びながらも8回の1イニングを無失点に抑える好リリーフ。
 
 ルーキーが追加点を与えない好リリーフを見せると、直後に楽天打線が動きを見せた。8回裏、ここまで攻めあぐねていた西から先頭の今江が安打で出塁。その後、連続で代打となった松井稼・哲朗が凡退に倒れ嫌なムードが漂ったが、茂木の離脱後1番に定着した島内が右翼スタンドへ本塁打を放ち、遂に西から得点を奪い同点に追いついた。
 
 そして、9回表を久保が無失点に抑え、迎えた9回裏。昨日の試合で3本塁打を放つも、今日の試合で無安打だったアマダーが西の108球目を右中間スタンドに運び、試合を決めた。同点で登板し1イニングを無失点に抑え勝ち越しを許さなかった久保は、嬉しい移籍後初勝利を手にした。
 
 敗れたオリックスは西が完封ペースの好投を見せていたが、勝利まであと1イニング近くというところで一発に泣き、6連敗となってしまった。

スポンサードリンク