データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





ロッテ・加藤、プロ5年目も「チームのために」。刺激を受けた“ライバル”たちの存在【マリーンズドキュメント】

2012年にドラフト4位指名を受け、千葉ロッテマリーンズに入団した加藤翔平外野手。大学時代からチャンスで打席に立つことが多かったと話す加藤だが、ここぞの場面で結果を残せるようになるまでに数々の試練があった。

2017/07/24

text By

photo

千葉ロッテマリーンズ

タグ: , , , , , , , , , ,



チャンスをモノにして劇的勝利の主役に

 またこの場面がきた。野球を始めた幼い頃からずっとそうだった。
 
 ZOZOマリンスタジアムのグラウンドに設置された電光掲示板に視線を向け、加藤翔平は打順のめぐりを考える。後半戦初戦となる7月17日のオリックス戦。1点を追う9回裏だった。
 
 ウィリー・モー・ペーニャが二塁打で出塁し、福浦和也が内野安打でつなぎ、大嶺翔太が四球を選ぶ。2死満塁という予感は的中した。一打逆転サヨナラをかけた打席は、自分に回ってきた。
 
 振り抜いた打球が左越えとなるのを見届けると、右腕を高く突き上げてグラウンドを駆け回った。ヘルメットを放り投げ、追いかけてきた仲間たちの手荒い祝福を受ける。加藤はマリーンズの劇的勝利の主役となった。
 
「昔からああいう場面で回ってくるんです。打てなくて負けた試合もありましたし、時には嫌だなと思った時期もあったんですけど、大学時代に『自分に回ってくるものなんだ』と思い込むようにしてからは、心の準備ができるようになりました」
 

 
 チャンスで自分に回ってこい。そう思えるようになったのは大学4年の頃だった。上武大のキャプテンとしてチームをまとめる難しさに直面していたとき、監督に「おまえはプレーでチームを引っ張っていかないといけないんだ」と語りかけられた。
 
 直後の大会の大一番、やはり多くのチャンスは加藤の打席に回った。「自分の失敗で負けるのは誰でも嫌だけれど、そこを乗り越えなければ成長はできない」と、物怖じする気持ちを打ち消した。次第に、緊張感も味方になっていくようだった。見事に残した結果は、チームをけん引することに直結していった。

スポンサードリンク

1 2 3