データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【26日のセ・リーグ結果】阪神・DeNAの同率2位対決!ヤクルトVS中日はまさかの展開に

2017/07/26

text By

タグ: , , , , , , ,



〇広島7-2巨人●(京セラドーム大阪)
勝:大瀬良(7勝0敗) 負:畠(1勝1敗)
本塁打
【広島】
鈴木19号(1回表2ラン)
丸17号(3回表2ラン)
エルドレッド22号(8回表ソロ)
 
☆大瀬良の7回1失点の好投、打線の援護がかみ合った広島が4連勝!
☆ルーキー・畠は自己最多の11奪三振を記録も6回5失点と試合は作れず…。
 
〇DeNA6-5阪神●(甲子園)
勝:ウィーランド(5勝2敗) S:山崎康(2勝1敗17S) 負:小野(0勝6敗)
本塁打
【阪神】
ロジャース3号(8回裏ソロ)
 
☆DeNAが今季初の単独2位に浮上!ウィーランドが7回途中3失点と好投、打線もルーキー・小野を攻略し試合の主導権握る。
☆小野は5回4失点と試合を作れず、デビューから9戦白星なしで6敗目…。打線も終盤に反撃見せるも最後は連続三振で試合終了など、好機で一打出ず…。
 
〇ヤクルト11×-10中日●(神宮)
勝:石山(2勝4敗) 負:伊藤(0勝1敗)
本塁打
【中日】
藤井3号(2回表2ラン)
【ヤクルト】
中村1号(7回裏2ラン)
バレンティン16号(8回裏2ラン)
大松2号(10回裏ソロ)
 
☆ヤクルトが10点差を逆転し2夜連続のサヨナラ勝ち!7回に2点、8回に8点と集中打で中日救援陣を粉砕。
☆先発・星は5回10失点と大乱調だったが、その後を受けた救援陣4人は全員無失点と好投を見せた。
☆中日は継投策がことごとく裏目に出て10点のリード守り切れずまさかの敗戦で4連敗…。

スポンサードリンク