データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





首位陥落の楽天、エース岸で出直しへ! ロッテはルーキー酒居が初先発【8月4~6日パ展望】

東北楽天ゴールデンイーグルスは前節よもやの3連敗で首位陥落。最下位・千葉ロッテマリーンズとの3連戦は出直しの舞台としたい。

2017/08/04

text By

タグ: , , , , , , , ,



3連敗の楽天、最下位ロッテ戦で持ち直せるか

2位 楽天 ― 6位 ロッテ KOBOパーク宮城 9勝3敗
 
 楽天の初戦先発は岸孝之、ロッテはルーキー酒居知史がプロ初先発に挑む。
 
 岸は、中7日での登板となる。前節、エース則本昂大が黒星を喫しているだけに、Wエースとしてここは負けられない。ロッテは西武時代から得意としている相手だ。チームの元気を取り戻したい。
 
 2戦目は美馬学だ。前回登板のオリックス戦では6回途中5失点と持ち味を発揮できなかった。今回は、美馬自身にとっても大事な登板となる。今季のロッテ戦は好投しているだけにしっかり出直したい。3戦目は森雄大、古川侑利ら若手にチャンスが与えられそうだ。
 
 打線は、前日試合で菊池雄星に抑え込まれたが、そこまで調子は悪くない。1番の茂木栄五郎は送球ができないほどの右ひじ痛を抱えているとは思えない強いスイングをしている。銀次、島内宏明、前節から1軍に復帰した枡田慎太郎など、状態は悪くない。
 
 ウィーラー、アマダー、クルーズの外国人が不安定。起用してみないと分からないため、打線に厚みが出ないのが課題だ。
 
 ロッテ初戦先発の酒居にはルーキーらしいピッチングを期待したい。中継ぎでの登板が多かったが、このチャンスを生かせるか。
 
 2、3戦目の先発は流動的。順番通りなら、エース涌井秀章、二木康太と石川歩がいる。涌井は前回登板の西武戦で6回2失点と好投しながら、アクシデントで緊急降板した。二木は前回登板が良くなかっただけに、やり直したい。
 
 打線はオールスターで本塁打を放った鈴木大地が不調で、打順を下げている。
 
 前節から1軍に復帰した荻野貴司は、3日の試合で1番に入って3安打をマーク。出場すれば活躍する加藤翔平とコンビを組ませたい。目の前の1勝も大切だが、オーダーが安定せず、チーム作りの青写真が見えてこないのが気がかりだ。

スポンサードリンク