データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





巨人が東京ドームで広島に今季初勝利!8戦目で雪辱晴らす

2017/08/30

text By

タグ: , , , , , , , , ,



〇巨人6-4広島●(30日・東京ドーム)
 
 接戦を制した巨人が本拠地・東京ドームでの広島戦で今季初勝利を飾った。
 
 巨人・宮國、広島・大瀬良の先発でプレイボール。試合は、両軍打撃陣が奮起した接戦となった。
 
 初回、宮國は先頭の田中にフェンス直撃の二塁打・菊池にバントによる内野安打を決められ無死1・3塁のピンチを招くと、丸の二ゴロ間に1点の先制点を献上。
 
 しかし、その後に打線が奮起。2回、巨人は無死から村田・亀井の連打、一死から小林の中前打で満塁のチャンスを作ると、宮國の適時打、陽の三ゴロ間、マギーの適時打でこの回3点を奪い、逆転に成功した。そして、4回に小林の今季初本塁打で1点、5回には村田の適時打で1点を奪い、小刻みに得点を重ねた。
 
 そして、再び1点差に迫られていた8回には、橋本の適時打で6点目を加え、リードを2点に広げた。
 
 先発の宮國は4回二死から連打を浴び、勝利投手の権利を得るまであと一死のところで無念の降板。しかし、その後は山口鉄・田原・西村・マシソン・カミネロと小刻みな継投で広島の反撃をかわしきった。
 
 敗れた広島は、先発・大瀬良が5回5失点と試合を作れず、打線も反撃及ばず東京ドームで今季初黒星を喫した。

スポンサードリンク