データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





ドラフトで指名すべき選手は? 5年後から探る球団別補強ポイント<巨人・ヤクルト・中日編>

プロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)が26日に開催される。 高校通算本塁打111本の清宮幸太郎(早実)ら高校生スラッガー「BIG3」が注目されるが、今年のドラフトではどんなドラマが待っているのだろうか。

2017/10/25

text By

タグ: , , , , , , , , , , ,



 例年、本サイトではドラフト指名予想ではなく、各球団の補強ポイントから「指名すべき」選手が誰であるかの提案をしてきた。「ドラフト=チームの土台」であると考えたときに、数年後を見据えることが重要なためだ。今年は現在のローテーション・ラインアップから、5年後に各球団はどう変遷していくか考えながら補強ポイントを探っていきたい。
 
 ドラフト注目選手<投手編><野手編>とあわせて、読者・ファンの方々には自身がGMになったつもりになってドラフトを楽しんでもらえたらと思う。まずはセ・リーグの読売ジャイアンツ、東京ヤクルトスワローズ、中日ドラゴンズの3球団の補強ポイントを挙げる。※カッコ内は2017年・2022年の満年齢。
 

読売ジャイアンツ

補強ポイント 3本柱に続く先発投手/1、3塁を守れるスラッガー
<現在のローテ>   <5年後>
菅野智之(28歳)    菅野智之(33歳)
マイコラス(29歳)   田口麗斗(27歳)
田口麗斗(22歳)    畠世周(28歳)
大竹寛(34歳)     ―――
畠世周(23歳)     ―――
宮國椋丞(25歳)    高田萌生(24歳)
 
<中継ぎ>
山口鉄也(34歳)    戸根千明(30歳)
森福允彦(31歳)    大江竜聖(23歳)
田原誠次(28歳)    今村信貴(29歳)
西村健太朗(32歳)
 
<セットアッパー>
マシソン(33歳)    池田駿(30歳)
 
<クローザー>
カミネロ(30歳)    谷岡竜平(26歳)
 
 宮國と桜井の伸び悩み、さらには菅野のメジャー挑戦も考えられるため、先発投手の軸となる選手の指名が必要だ。田口、畠がいるが、5年後を見据えた補強戦略だ。スケールのある投手が求められる。
 
<現在のラインアップ>  <5年後>
1(中)陽岱鋼(30歳)     (二)辻東倫(28歳)
2(二)マギー(35歳)     (中)重信慎之介(29歳)
3(遊)坂本勇人(29歳)    (三)坂本勇人(34歳)
4(一)阿部慎之助(38歳)   (一)岡本和真(26歳)
5(三)村田修一(37歳)    (右)石川慎吾(29歳)
6(右)長野久義(33歳)    (左)長野久義(38歳)
7(左)石川慎吾(24歳)    (遊)吉川尚輝(27歳)
8(捕)小林誠司(28歳)    (捕)小林誠司(33歳)
 
 内野手の高齢化が顕著だ。なかでも中軸を打てるスラッガータイプは阿部慎之助が来年には39歳を迎えるだけに、次世代の主砲を獲得したい。チームの全般層を見ても、1、2番タイプよりこのタイプが急務になる。清宮か安田か。

スポンサードリンク

1 2 3