データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





上位指名の可能性も? 夏の甲子園制覇・花咲徳栄、注目のドラフト候補

きょう26日、いよいよプロ野球ドラフト会議が開催される。関係者の間では事あるごとに「今年は不作」と囁かれてきたが、早稲田実のスラッガー・清宮幸太郎がプロ志望を表明したことにより、注目度は間違いなく例年以上。また上位候補として、高校生では広陵・中村奨成や履正社・安田尚憲、横浜・増田珠らの名前が取り沙汰され、投手でも青藍泰斗・石川翔、日大三・櫻井周斗、星槎国際湘南・本田仁海、熊本工・山口翔、秀岳館・田浦文丸らが高い評価を得ている。大学&社会人には立命館大・東克樹やJR東日本・田嶋大樹などの逸材もいるが、最大の焦点はやはり高校生だろう。

2017/10/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



打撃力抜群の西川、懸念の肩も回復傾向

 今年のドラフト候補となる高校生のなかで忘れてほしくないのは、この世代で頂点に立った存在だ。今夏の甲子園を制した花咲徳栄。同校からも3名がプロ志望届を提出している。
 
 イチ押しは今夏、「三番・レフト」で27打数9安打10打点と活躍した西川愛也。特筆すべきはその打撃力で、育成手腕に定評のある岩井隆監督も「ストライクゾーンを9分割して考えたとき、どのコースにもスムーズにバットを出してミートができる。変化球にも崩されないし、欠点はまったく見当たらない」と下級生時から素質を認めていた。
 
 2年時は春夏の甲子園で四番を務め、全4試合で14打数8安打6打点。さらに冬場にはハンマーでタイヤを叩いたり、バット2本を握って素振りをしたりと手首と握力の強化を図り、長打力もアップ。本人も「後ろの手で強く押し込めるようになった。平凡なフライだと思った打球でも、外野手が下がって捕るようになりました」と、その充実ぶりを語っていた。
 
 もちろん、身体能力の高さも魅力だろう。あるトレーナーから「腱の長い選手は潜在能力が高い」と聞いたことがあるが、西川の肩やふくらはぎを見ると途中から急激にボコッとふくらんでおり、まさに腱が長いことを示している。スラリとした細身でありながら、体幹や太ももなどにはしっかりと筋肉がつき、ボディバランスや脚力も抜群だ。
 
 唯一の懸念はスローイング面。昨春に右側の大胸筋の腱を断裂して以降は“だましだまし”でプレーしていたが、冬に手術を行い、大事を取って今春はファースト、今夏はレフトでの出場となった。
 
 ただ、もともと入学時は投手で地肩も十分に強く、内外野はどこでも守れるセンスの持ち主。現在は塁間での送球や外野からのバックホームなら問題なく投げられるところまで回復しており、不安は解消されつつある。

スポンサードリンク

1 2