データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





スカウトたちはドラフト候補のどこを見た? 球団コメントを一挙公開<パ・リーグ>

2017年プロ野球ドラフト会議が26日、東京都内で開かれた。最大の目玉候補の清宮幸太郎内野手(早実)は7球団競合の末、北海道日本ハムファイターズに決まるなど、12球団で計114選手が指名された。各球団の指名の決め手は何だったのか。担当スカウトとともに球団のコメントを紹介する。

2017/10/27

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , ,



埼玉西武ライオンズ

1.齊藤大将
投手・明治大学、178センチ・75キロ、左投左打:担当スカウト 竹下 
 左のロークオーターで即戦力の左腕。クロスファイアーが武器。
 
2.西川愛也
外野手・花咲徳栄高、180センチ・78キロ、右投左打:担当 大島
 バットコントロールがよく、広角に打てるバッティングが魅力。足も速く、将来のレギュラー候補。
 
3.伊藤翔
投手・徳島インディゴソックス、177センチ・72キロ、右投右打:担当 鈴木
 腕の振りが鋭く、キレ味のあるストレートが魅力。先発、中継ぎもできるタイプ。決め球はフォーク。
 
4.平良海馬
投手・八重山商工高、173センチ・84キロ、右投左打:担当 高山
 見ている方々を引き付ける「馬力」のある選手。
 
5.與座海人
投手・岐阜経済大学、173センチ・84キロ、右投左打:担当 安達
 アンダースローからキレの良いボールをコントロールよく投げる。クイック、フィールディングと抜群のセンスをもつ。牧田和久のフォームを参考に練習をしてきた投手。
 
6.綱島龍生
内野手・糸魚川白嶺高、178センチ・72キロ、右投左打:担当 鈴木
スピード感溢れる強肩、俊足の内野手。
 
◇育成
1.高木渉(外野手 ・真颯館高、180センチ・76.5キロ、右投・左打)
2.齊藤誠人(捕手・北海道教育大学岩見沢校、180センチ・86キロ、右投左打)
 

福岡ソフトバンクホークス

1.吉住晴斗
投手・鶴岡東高、185センチ・85キロ、右投右打:担当スカウト 作山
 MAX151キロ。投げっぷり良く打者を圧倒する投球が持ち味の素材型右腕。185センチの長身ながら優れた身体能力を持ち、高いポテンシャルが魅力。スピンがきいたストレートは角度があり、投手としての資質が非常に高い選手。
 
2.高橋礼
投手・専修大学、187センチ・84キロ、右投右打:担当 荒金
 最速141キロのストレートが魅力の大型サブマリン。まだ伸びしろも大きく将来性豊かな投手。
 
3.増田珠
外野手・横浜高、180センチ・82キロ、右投右打:担当 荒金
 広角に打ち分けるシュアな打撃が特徴の選手。タフな精神力も持ち合わせており、リーダーシップもとれるタイプ。
 
4.椎野新
投手・国士舘大学、195センチ・88キロ、右投右打:担当 荒金
 195センチの長身から投げ下ろすMAX147キロのストレートが魅力の右腕。将来の先発候補として期待。
 
5.田浦文丸
投手・秀岳館高、170センチ・75キロ、左投左打:担当 福山
 MAX148キロの本格派左腕。U-18世界選手権ベストナインを獲得し、全日本のエースとして活躍。ホークスの将来の先発候補として期待。
 
◇育成
1.尾形崇斗(投手・学法石川高、181センチ・88キロ、右投左打)
2.周東佑京(内野手・東京農業大学北海道オホーツク、180センチ、75キロ、右投左打)
3.砂川リチャード(内野手・沖縄尚学高、188センチ・104キロ、右投右打)
4.大竹耕太郎(投手・早稲田大学、184センチ・78キロ、左投左打)
5.日暮矢麻人(外野手・立花学園高、180センチ・85キロ、左投左打)
6.渡邉雄大(投手・新潟アルビレックスBC、186センチ・85キロ、左投左打)

スポンサードリンク

1 2 3