データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





スカウトたちはドラフト候補のどこを見た? 球団コメントを一挙公開<セ・リーグ>

プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が26日、東京都内で開かれた。広島東洋カープが中日ドラゴンズと競合の末、中村奨成捕手(広陵)との交渉権を獲得するなど、12球団で計114選手が指名された。各球団の指名の決め手は何だったのか。担当スカウトともに球団のコメントを紹介する。

2017/10/27

text By

タグ: , , , , , , , ,



東京ヤクルトスワローズ

1.村上宗隆
捕手・九州学院高、187センチ・95キロ、右投左打:担当スカウト 松田
 高校通算52本塁打の怪物スラッガー。ミート力が高く、反対方向へホームランを打てる長打力は天性のもの。将来の和製大砲候補として期待できる逸材。
 
2.大下佑馬
投手・三菱重工広島、179センチ・83キロ、右投左打:担当 岡林
 完成度の高い即戦力投手。MAX150キロのストレートはキレ抜群。多彩な変化球を操り、制球力も良い。先発ローテーションとして期待。
 
3.蔵本治孝
投手・岡山商科大学、185センチ・95キロ、右投右打:担当 岡林
 コンパクトなフォームから投げ込むストレートはMAX151キロ。フォーク、チェンジアップの決め球があり、先発もできるが、セットアッパー候補としての期待が大きい即戦力右腕。
 
4.塩見泰隆
外野手・JX-ENEOS、179センチ・77キロ、右投右打:担当 斉藤
 走攻守、三拍子揃った外野手。守備範囲が広く、打撃はリストが強くパンチ力もあり、1年目からのレギュラー奪取に期待。
 
5.金久保優斗
投手・東海大市原望洋高、183センチ・74キロ、右投左打:担当 斉藤
 しなやかな投球フォームから投げ込むストレートはMAX147キロ。指先の感覚が良く投手としてのセンスは抜群で将来のエース候補として期待が持てる逸材。
 
6.宮本丈
内野手・奈良学園大学、183センチ・78キロ、右投左打:担当 阿部
 大学日本代表の正遊撃手。リーグ戦では通算100安打も記録。パンチ力がある打撃と堅実な守備でレギュラー候補として期待。
 
7.松本直樹
捕手・西濃運輸、177センチ・82キロ、右投右打:担当 中西
 捕手としての守備能力はアマチュア球界No.1。セカンドスローは1.80秒。スローイングの精度も高く、正捕手として期待。
 
8.沼田拓巳
投手・石川ミリオンスターズ、184センチ・87キロ、右投右打:担当 阿部
 力強いストレートを投げ込む本格派右腕。ストレートのMAXは151キロ。米球界での経験もあり、先発候補として期待が持てる即戦力投手。
 

中日ドラゴンズ

1.鈴木博志
投手・ヤマハ、181センチ・95キロ、右投右打:担当スカウト 清水
 テイクバックが大きめで肘の使い方が柔らかく、上から投げ下ろす投手。最速157キロのストレートは威力抜群、さらにストレートの質は見た目より早く感じ、球がミットに突き刺さる。
 
2.石川翔
投手・青藍泰斗高、179センチ・81キロ、右投左打:担当 正津
 MAX151キロのストレート、キレ味抜群のスライダーが武器。パワー、柔軟性を兼ね備え、潜在能力高い投手。
 
3.髙松渡
内野手・滝川二高、176センチ・65キロ、右投左打:担当 米村
 抜群な走力の持ち主でショートも外野も守れる。体にパワーが付けばレギュラーになれる素材。
 
4.清水達也
投手・花咲徳栄高、182センチ・83キロ、右投右打:担当 正津
 MAX150キロの重いストレートにキレ味抜群のフォークも武器。
 
5.伊藤康祐
外野手・中京大中京高、174センチ・75キロ、右投右打:担当 清水
 振り切るスイングで身体能力が高く、性格面においても粘り強く負けん気も強い。名門中京大中京のリードオフマン。
 
6.山本拓実
投手・市立西宮高、167センチ・71キロ、右投右打:担当 米村
 小柄ではあるがストレートを内角、外角に投げ分けられる制球力があり、スライダーも2種類投げる事ができる。完投能力もありスタミナもある。
 
◇育成
1.大藏彰人(投手・徳島インディゴソックス、191センチ・88キロ、右投右打)
2.石田健人マルク(投手・龍谷大学、184センチ・83キロ、右投右打)

【次ページ】巨人・DeNA

スポンサードリンク

1 2 3